俺だけチケットがない!ヒッチハイクで出会った七人のドライバー【高速にのろう編】

1 / 2 ページ

前話: 俺だけ帰りのチケットがない!ヒッチハイクで出会った七人のドライバー【ヒッチハイクはじめました編】
僕はベンツに乗っていた。
両脇には「姉さん!!」と呼ばれる普通よりも目立つ派手な女性二人
運転手はタキシードを来た、現ブルースウィルスの髪型の男性だ。
僕は車内でしっかりと萎縮していた。
※これはヒッチハイクの話である。

夜の高速を走る中、僕は何か言われるたびに「はい」しか言わなかった。
両手に「LAまで」と書いたスケッチブックを持って。
ヒッチハイクでベンツに乗ったのを説明するには、
少し時間を巻きもどして、説明する必要がある。

俺だけチケットがない!ヒッチハイクで出会った七人のドライバー【高速にのろう編】

高速道路路入り口は♪ヒッチハイクの近道〜〜♪♪
高速道路の入り口は♪ヒッチハイクのビクトリー♪♪
Ah----Ah-------Ahーーーーーーーーー♪
「ヒッチハイクの歌〜高速入り口で君を待つよ〜 」
作詞 僕
作曲 中田ヤスタカ
BC(バックコーラス) マライヤキャリー
ヒッチハイクの歌なるものがあるならば、
是非とも作詞は僕で周りを豪華に固めてほしいと思った。
この時、まだ僕は陽気だったのだ。
高速道路に乗る車は東京に向かう確率が高いという、
ヒッチハイクという名のゲームの必勝法を見つけてしまったばかりだったから。

必勝法に乗っ取りgooogleマップで見つけた高速道の入り口までは、1時間足らずでつく。

徒歩で

、、、、たしかに君達の言いたいことはわかる。
ヒッチハイクの中でどれほど、
徒歩が許されるのかという問題だ。
徒歩についての規定は、
世界ヒッチハイク協定の第12項の第4条で下記の通り定められている
「徒歩は許される範囲内で」

例えば京都・東京間を徒歩15時間、車5時間だったとしたら、それはヒッチハイクではなく、すごく長いウォーキングだ。

もっと言うと、ちょっとズルをしたすごく長いウォーキングだ。
しかし今回、徒歩は一時間足らずしか使っていないため、「許される範囲内」であるし、その部分について議会で追求をして、僕の記録を無効にするような保守派が存在するとも思えないので、

この徒歩はアリなのだ

高速道路の入り口の車は止まらないったら、止まらない

高速道路の入り口で僕は右手をかっこ良く道路に対して、
水平に腕をのばした。
拳を作る

そして親指だけを立てる

車は止まらない
夕日があたってまぶしい
逆光でずいぶんと僕のシルエットはイカしてるはずだ。
時代が時代なら、女の子達がキャーキャーいいながら、胸を露出し僕に黄色い声援を送っていただろう

でも、車は止まらない。

、、、、、ってか車めっちゃはええーー!!!
高速道路に乗り入れようとするドライバーは、
せっかちが多いのかとにかく、スピードが速い!!
なんてせっかちな奴しかいないんだ!!

こっちに見向きもしない人もいる。

みんなラルクの「ドライバーズハイ」を聞いているか、
気持ちよくなれる魔法の白い粉でもキメテいるじゃないかとおもった。
どっちにしろ地平線に届くように限界まで振り切らないようにしてもらいたい。
とにかく30分間、僕はまるで誰にも相手にされなかった。

※窓を全開にした変なビート音をまき散らす公害ヤンキーが、「ウエエーーーーイ」と奇声を上げて小馬鹿にしてくることはありましたが、今回、彼らを人間としてカウントしてあげることはできませんでした。
焦った僕はお腹が空いたし喉も乾いたので、
高速道路沿いにあるコンビニに引き返した。
そこで、僕はとんでもないものをみつけてしまった。
僕はそいつに急いで筆を走らせた。
これはヒッチハイク界隈を揺るがす、世紀の発見である。
※ビックス粒子の発見おめでとうございます
世紀の発見は実用化されて早々に、
世界に衝撃を与えた。
そう、彼が掲げられると5分としないうちに
、車が止まったのである。

それは魔法みたいだった。
1台のなんとも庶民的な国産の乗用車のドアが開いた。

1人目 手塚部長似の司法書士男性

「乗ってく?』
司法書士をしているクールなイケメンだった。
テニプリの舞台にだすなら手塚部長だなと、
よくわからないことを考えたりした。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の鈴木 嘉洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。