アラビア語教室?

語学学校

 留学当初、私は語学力が足りず、語学学校スタートでした。最初のクラスは、アラビア人、タジキスタン人、日本人のクラス。アラビア人のクラスメイトは、いつもアラビア語で会話し、英語の習得と授業に対する意識がとても低いクラスメイトが多くいました。また、他のほとんどの日本人も日本人のグループを作っていて、私と同じモチベーションの友達を見つける事はとても難しいものでした。母国語ばかり話すクラスメイトや日本人とコミュニケーションが取りづらく、ただ勉強をしても英語は上達しにくい環境でした。

積極性

 語学学校だけの学習に限界を感じてきた頃、ネイティブスピーカーの友達を増やそうと行動する事を決意しました。知り合いのいないネイティブスピーカーばかりの環境にどんどん飛び込んでいきました。大学のイベントに参加して友達を作るなど、英語しか通じない環境に自分を置きました。最初は、笑顔でうなずき、話を聞いている事で精一杯でしたし、何を言ってるか半分もわからないときがほとんどでした。しかし、自分はここに何を目的に来たのかをいつも意識し、あきらめませんでした。授業でも人一倍発言しました。

変化

 この行動は、母国語ばかり使っていたクラスメイトに変化を与えました。彼らは、私に負けまいと発言するようになったのです。話す機会が増えたことで互いに打ち解け、もっと英語を使おうと協力し始めたのです。このクラスのメンバーとは、クラス変更があった後もプライベートでよく遊ぶ仲にまでなりました。この変化は後の自分にとって自信となり、TOEFL基準スコアを突破し、学部入学を果たしました。この経験で自ら行動する大切さを学びました。これからも自ら行動して周りの意識を高められる人間として成長し続けたいと思っています。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。