浅野忠信さんと田中真弓さんに直接会ったにも関わらず、俳優の僕が芸能界で売れることを目指さない理由 PART2

1 / 3 ページ

前編: 浅野忠信さんと田中真弓さんに直接会ったにも関わらず、俳優の僕が芸能界で売れることを目指さない理由 PART1
後編: 浅野忠信さんと田中真弓さんに直接会ったにも関わらず、俳優の僕が芸能界で売れることを目指さない理由 PART3


PART1をまだ読んでいない方は、こちらを先にお読みください。


画像転載元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12137056832

なぜ俳優が食えないのか?

その質問に対する浅野さんの答えはいたってシンプルなものでした。

だって俳優として食べていくと決めたら、俳優の仕事を必死で探すだろ?

浅野さんの頭の中には「俳優として食べれなかった時のこと」が想定されてなかったんです。


”俳優は基本的に食べていけない職業”。だからアルバイトで最低限稼ぐ、というのが一般的なスタンスですが、

浅野さんはおそらく、俳優として食べていこうと努力するから初めて、俳優として食べていけるようになる。はじめから食べていけない前提では、食べていけるようになんてならない。

そう伝えようとしてくださったんだなと思います。


とはいえ、、、、

とはいえ、です。

営業なんてやったことない、

思い当たる人脈もない、

プロモーションの仕方もわからない、

のないないずくしのフリーターに、ただでさえ売れないと言われる俳優で、いきなり独立できるわけもありません。

えー…………(゚д゚ )←思考停止

茫然自失です(笑)

とりあえず、何もしないわけにはいかないので、社会勉強から始めようと思い、

当時流行りだしていたTwitterで、著名人・経済人を片っ端からフォローして、毎日流れてくるニュースに目を通すようになりました。



そうして社会の情勢に興味を持ち始めた頃に


東日本大震災が起きました

その時僕は、大学の友達が映画祭で受賞されたというので、それを観るため有楽町のビルの中にいました。

最初はじわじわとした揺れだったので、館内にいた人みんな気にしなかったのですが、あまりに長く続くので映画の上映は中止。

「どうしたどうした」と会場から外に出たときに見た映像を今でもはっきり覚えています。


窓の外で、ビルというビルがこんにゃくのようにグラグラ揺れていました。


その日はバイト先に一応行きましたが、もちろん休業。渋谷から四谷の自宅まで歩いて帰りました。そしてそこでみたテレビの映像に戦慄しました。

これが日本で起こっていることなのか?


みんなの読んで良かった!