おむすびと始発電車

大学生の頃、体育会女子ラクロス部に所属していました。ラクロス部は、朝の練習。大学は吉祥寺で、自宅は千葉県佐倉市。片道およそ2時間。もちろん朝は始発電車でした。毎日、とてつもなく大きいおにぎりを作り、朝の始発電車でほおばっていたのを覚えています。そして、朝練の後は授業に出席、そして帰宅し、アルバイト。帰りの電車は毎日爆睡、何度も乗り過ごした記憶があります。睡眠時間は毎日4時間くらいあれば良い方でした。

著者のIshiyama Megumiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。