【語れば人はついてくる!】STORYS.JPで創業メンバーを採用した話

1 / 2 ページ

STORYS.JPを使って会社の採用が決まった!

みなさんこんにちは。STORYS.JPの大塚です。

先日、STORYS.JPのユーザーであるKAIZEN PlatformのCEO須藤憲司さんより、

突然、嬉しいメッセージを頂きました。

はじめは目を疑い、3回ほど読み直してしまいました!

なんと!? STORYS.JPを通じて、会社の採用が決まったというのです!

こんな嬉しい一報を受け、須藤さんの元へインタビューに行ってきました。

KAIZEN Platform inc.は、いかなる経緯で採用に成功したのか?

STORYS.JPを使って創業メンバーの採用に成功!

今回のインタビューでは、CEOの須藤憲司さん(左)、入社した栄井徹さん(右)のお二人に詳しく話を伺ってきました。



栄井さんが入社に至ったきっかけは?

栄井さん:僕は去年アメリカでモバイルのDSP(ターゲティング広告配信プラットフォーム)の販売をしていましたが、諸事情で今年の3月に日本に帰って来ました。

栄井さん:しかし、日本に帰国しても、もう一度、海外でチャレンジしてみたいという気持ちも残っていました。

栄井さん:そういった気持ちがあったタイミングで、須藤さんの「リクルートへの遺言」を読み、興味を持ったのがきっかけです。

栄井さん:そのときは、ストーリーを読んですぐ、読んだ感想を、Facebookメッセージで送ろうと思ったんですよね 。

栄井さん:でも、僕も前の会社を退職して、自分で起業しようと思っていたタイミングだったので、いや、まぁ、自分で決めていたことをやろう。と思ってメッセージはしませんでした。

須藤さん:その後は、他の人の紹介を経て、青山のカフェで話をしていました。
そこで、栄井さんは自分で起業したいと言っていたのですが、
いや、僕としては来て欲しい、一緒にやってほしいんです!」と、
自分で起業したいと言っている人に対して、そんなことを言っていました(笑)

栄井さん:そのあとすぐ、僕は有給休暇で海外旅行に行ってしまっ たんですが、帰国後すぐにスドケンに会って、「一緒にやりましょう!」ってことになって今に至る、みたいな感じです。



スキルやスペックよりも、共感してくれる人

須藤さん:知らない人や友人が、私のストーリーを読んでくれて、「一緒に働いてみたい」とか、「あのストーリーに非常に共感しました!」みたいな感じで会話が弾んでいく。
そこから「一緒にこんなことやりましょう!」とか、そういう会話になって繋がっていく。そうなるのを実感していますね。

須藤さん:ストーリーを書くことで、その会社にどんな人がいて、どんな事業をやっているのか伝わるじゃないですか。
そういうのに共感してくれた人を採用した方が楽しいじゃないっすか。
スペックだったりとかスキルセットとか会社の成長性とかも重要ですけど、まず第一に自分たちに共感してくれる人がいいよね。



みんなの読んで良かった!