10 min read

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

Picture?width=400&height=400
著者:
菱沼 真
1 / 6ページ

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたものです。





【Makotoとの出会いは、3年ぶり。そして、運命はmixiから始まった】


きっかけはmixiだった。

大学3年21歳の秋に、当時友人間で流行っていたmixiにて高校の同級生と3年ぶりに偶然、再会した。

彼は高校時代部活が一緒だったMakotoである。

正直自分とはタイプが違うと思っていたが、当時の軟式テニス部を通して意外と仲が良かった。そんな彼だ。

とりあえず久々に飯でも行こうよーということで、

大学生らしく「ガスト」をチョイス。

お互い近況報告をしていると、

なんとこいつ推薦で入った大学を辞めて、よくわかんないITベンチャーで働いているという。

(彼は自分の仕事内容を説明していたが、正直当時の俺にはよくわかんなかった)

昔話に華が咲き、お互い車好きということで、

当時バイト代をはたいて買った「マジェスタ」で首都高ドライブ。


当時乗っていたクラウンマジェスタ

高校時代の同級生なんて懐かしかったな。

そんな感想を残して久々の再開は終わった。


秋も深まった頃、彼から久しぶりにメールが来た。

Makoto
俺、会社辞めて自分で会社作ることになった


正直友人が起業ということにいまいち実感がわかなかったので、

「そうなんだ、すごいじゃん」

とありきたりな返信。その後

Makoto
とりあえず、飯でも行こうよ


この「とりあえず」が彼の今日でも口癖である。

その日の深夜、ガストにて。

自分が言い出したら、なんでも即日なのも今日の彼の特徴である。

Makoto
俺自分で会社作ることになった。人出が足らないから手伝って欲しい。


そう告げられ、正直半信半疑だったが、

「まぁ俺の出来る範囲なら」

と、とても曖昧で軽い返答をした。

正直、その時の彼の言葉には、自信の中にも明らかな不安があった。

そしてそれが俺にもわかったからだ。


続きはこちら

大学生が、たった3か月で500万貯めてドイツ製最高級車のBMWを買ったのに、2週間後にクラッシュして300万の請求が来た話