世界一周に出ようと思ったキッカケ - 2

前話: 世界一周に出ようと思ったキッカケ
抜け出したい。


この生活から、早く抜け出したい。


ジョナサンのサボリ会で、

誰もそれを口に出せずに毎日を過ごしていた。


その日々は、17歳の時から抱いている私の夢さえも

遠ざけて考えさせるほどだった。



あぁぁぁぁー!!!!なんて、最悪なんだ!!!!!


こんなんじゃ、

高校生のカウンセラーになるために、

せっかく東京に、田舎から出てきて、

苦学生生活をしてまで大学を卒業したのに。


何で?


高校生を相手にするなら、自分が成長しなくっちゃねと思いながら、

あえて、この就職という道を選んで仕事をしてきたのに


何で?



この状態で、いざ、夢を叶えた時に、

『人生って、楽しいぜぇ!』なんて、心から言えないよ!!



と、夢から遠ざかる自分を感じては、むしゃくしゃして、

何度も、自分で、自分を追い詰めていた。


お金、社会的な安定を得る代わりに、

目に見えない、自信喪失、不安、絶望。

なんだか、そんな気持ちでいっぱいだった。




ひょっとしたら、

あの時期、私は、

辞める理由を探していたかもしれない。



有名なバックパッカーの高橋歩のLOVE&FREEという本を

本屋で、立ち読みしていたある日。

 

その本にある、写真と

一言二言しかないフレーズを眺めながら、


『ふぅ〜ん。南米かー。遠いな−。』


『この写真って、どんな場所なんだろう?』


『というか、これって同じ、地球?カメラがいいのかな?』


『ここって、どんな人達が住んでんの?』


『この言葉、素敵だけど、これって、どんな心境?』



なぁーんて、漠然と、いくつも不思議に思った。




昔から、人に言われたことを丸呑みで信じないたち。


『あの子、嘘つきだから友達にならないほうがいいよ!』


なんて、アドバイスをもらって、


『そうなんだー。分かった!ありがとう♪』


と笑顔で答えては、

自分から近づいて、友達になり、本当にそうか確かめる私。



この本を眺めながら、

自分の疑問を、自分に問いていたら、


自分で見てみたいな~。


そうだ!確かめてみよう!


そう思った。



きっと、私はもっと、

リアルを生きたかったんだ。


何よりも、自分自信が、自分の人生を感じていたかったんだと思う。



つづく。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。