~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十八話

前話: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十七話
次話: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十九話

第十八話 同級生から貰った決意と鍋が目にしみる

大分県大分市→大分県湯布院市→福岡県福岡市編~

前回までの補正移動距離 4050.1km
区間徒歩移動距離 154.6km
概算総移動距離 4204.7km

≪大分県大分市 中小企業会館会議室≫

8月1日 PM1:00

 午前中から、インタビューを実施。

 セミナー告知するが、中々厳しい。

 高校球児が、甲子園に向けて出発していく。

 もうそんな時期になったんだな。

 そしてセミナー会場に行く。

 いつも通りのゼロ。

 そんな中で、喫煙所では、≪半沢直樹≫というドラマの話。

 中小企業会館は、銀行関係もテナントで入っており、年配の方も多い。

 イロイロ思うこともあるのだろう。

 ちなみに、この旅に出てから、いや、書いている今でも、≪半沢直樹≫を見たことがない。

 『倍返しだ』というセリフは、知っているが。

 そうこうしている内に、規定時間になり、車をいよいよ福岡に走らせた。

 大分駅で、次の旅の切符を買って。
 

≪大分県由布市 由布院駅近くの喫茶店≫

8月1日 PM3:50

 湯布院、由布院どちらも、≪ゆふいん≫である。

 地名上では、由布岳にちなんだ、由布院であり、温泉があるという部分で、湯布院とい

う名称。

 健康的で、心地よい風が街を吹き抜ける。

 高校時代の同期ユウゾウ君が、入院療養していると聴いて、訪問させてもらった。

 現在、体調回復の為に、由布院の病院に長期滞在しているという。

 コトバには、出さなかったが、辛いのを押してユウゾウ君は、わざわざ手土産いっぱい

で来てくれた。

 「がんばるねぇ。凄いよ」

 ユウゾウ君から、柄にもないコトバをもらい、むしろ恐縮した。

 『お身体大丈夫か?』

 「おう。ちょっと療養すればよくなるよ。」

 儀礼的な挨拶から始まった話は、下世話な話へ発展。

 それでいい。それがいいのだ。

 男二人集まれば、下世話な話こそ≪生きるチカラ≫。

 再び、会おうと誓いあい、彼の満面の笑顔見送られ、由布院を後にした。

≪福岡県福岡市 博多駅≫

8月1日 PM6:50

 博多駅に着いたのは、夕方6時半を回った頃。

 大阪に向かう新幹線は、8時過ぎ。

 東京時代では、過分にお世話になり、八王子興行では、記事にしていただいた、タカノ

さんと、博多駅でお食事を共にする。

 この旅のコト。

 これからのコト。

 出会いと別れ。

 わずかな時間ではあったが、様々なコトバを交わした。

 「ヒダカさんのやっていることは、意味がある」

 『福岡で、≪ハタモク≫立ち上げてくださいね。福岡に住みだしたら、去るとき号泣の福岡ですよ』

 この街は、好きだ。

 俺も、福岡に住みたいと思ってる。

 博多は、いつまで経っても、俺の都会。

 『タカノさん、きっとまた近いうちに来ますからね』
 
 俺と俺の涙を乗せた新幹線は、博多駅を定刻通り走り出した。

続きのストーリーはこちら!

~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十九話

著者の日高 啓太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。