何の取り柄もない自分が、グラフィックデザインで独立するまでのお話し。「第三話 〜大学時代・後編〜」

前編: 何の取り柄もない自分が、グラフィックデザインで独立するまでのお話し。「第二話 〜大学時代・前編〜」
後編: 何の取り柄もない自分が、グラフィックデザインで独立するまでのお話し。「第四話 〜専門学校時代〜」

快感を体感したから、イラストレーターになりたい。


珍事 を経て、私がサークルオリジナルのTシャツをつくることになった。


その当時は、“デザイン” という概念が自分の中で全くなく、漫画を描いていた流れからの手法として、イラストレーションをメインに進めた。皆の話を聞き、あーでもない、こーでもないといいながら、形にしていく。なんとか完成系のビジュアルはできたのだが、その先がどうすればいいのかわからない。


Tシャツプリントサービスもやっているテニスショップ。そこでバイトをしている同期に相談したところ、ビジュアルが落とし込まれた(プリントした)紙を渡せば、そのままTシャツに反映してくれるとのこと。


周囲の意見や協力を重ねながら無事完成したTシャツは、めでたく合宿にて着ることができた。自分がつくったTシャツを、目の前で皆が着ている。単純なことなんだけど、それがめちゃくちゃ気持ち良かった。


テニスができなくても、勉強ができなくて、試験前に誰にどうやってノートを借りるか、という方法だけ考えていても、大学入ったばかりに一目惚れした女の子に、たいして話しもしていない状態で告白して、もちろんフラれて、その子が同じサークルに入って、とても気まずい3年間を過ごしていても、「君、存在していいよ。」そういう声がどこからか聞こえた気がしたんだ。


時期はちょうど大学3年生の夏。周りは就職活動の真っ最中。「モノづくりでメシを食っていきたい。」その意志が芽生え、みるみる内に固く育っていった。「専門学校に行きたいんだ。」唯一の肉親である母に頭を下げる。自宅近くのデニーズで。



大学にも入って、なにバカなこといってんだ…というリアクションが出ると思っていたが、オニオングラタンスープを飲みながら、母はこう言う。


「いけばいいじゃない。ただし。学費はあんたが払いなさいよ。あと、大学卒業してから専門学校っていうのはダメ。本当に意志が強いのであれば、来年からダブルスクールしてでもいきなさい。」


お互い納得いく形で、デザイン系の専門学校に入ることになった。デザイン系、といっても、当時自分が目指していたのは、イラストレーター。(当時、グラフィックデザイン科の中にイラストレーション専攻が存在した。)


高校時代は漫画家になりたかった。…でも、漫画って色んな構図をたくさん描くからむずかしい!イラストだったら単体で自由に、思いのままに描けそう!だから今、目指すのはイラストレーターだ。カタカナ、横書きがカッコイイじゃないか。


意気揚々とイラストレーターを目指し、大学4年生になったと同時に専門学校へ入学。未知なる扉が、今まさに開かれようとしていた。


余談だが大学在学中、大好きな SKAバンド に憧れて、さわったこともないトランペットを御茶ノ水で購入し、全く音が出ないし指痛い、という理由で練習期間約3日でヤフオクに出品した記憶がある。たしかこの時も、未知なる扉が開かれようとしていた、気がする。


… 「第四話 〜専門学校時代〜」 へ続く …

続きのストーリーはこちら!

何の取り柄もない自分が、グラフィックデザインで独立するまでのお話し。「第四話 〜専門学校時代〜」

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。