第三十八話 Saya受かったと思うよ!!大阪府和歌山県編(8月17日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

1 / 2 ページ

前編: 第三十七話 働きながら夢を追う(兵庫県岡山県編8月16日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと
後編: 第三十九話 すいません写真を撮ってもらえませんか?(鳥取県島根県編8月18日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

第三十八話 Saya受かったと思うよ!!

大阪府大阪市⇔和歌山県和歌山市
前回までの補正移動距離 8709.7km
区間移動距離 144.0km
概算総移動距離 8853.7km

≪和歌山県和歌山市 JR和歌山駅≫

8月17日 AM10:00
 大阪から和歌山駅に着いた。
 和歌山までは、およそ1時間強。
 和歌山市の中心地は閑散としている印象を受けた。
 南海電車の和歌山市駅とJR西日本の和歌山駅は、およそ3km強。
 歩いて30分ほどかかる。
 その中間地点に、アーケード街が広がっていた。
 土曜日であったが、人通りも少なく、閑散としていた。
 喫茶店に入るも、頭の中が様々な思いで駆け巡る。
 Sayaは、最終面接大丈夫だろうか?
 万全に務めたつもりだ。
 しかし、何にも手に付かないのだ。
 この旅では、どんなに辛くても、動いてきたし、動けてきた。
 一旦、リフレッシュしよう。
 
 気分転換をしよう。
 
 和歌山の街歩きをして、大阪難波に戻った。
 改めて考えたら、旅以前から2か月以上休みを取っていなかった。
 今日は、休息日にしようと。

≪大阪府大阪市 道頓堀≫

8月17日 PM2:00
 「ちょっと話だけでも、聞いて行ってください?」
 「13秒止まってもらえます?」
 昼から、客引きが多い、大阪ミナミの道頓堀。
 それだけ、繁盛しているということだろう。

 キモチを完全にオフにした俺は、休暇としてゆっくり、腰を下ろして、その動きを眺めてみた。
 実に、彼女達はエネルギッシュに動く。
 そして、めげる様子も見せずに再び動く。
 その内、ただ動くだけじゃなくて、様子を見ながら、動く子が居る事に気が付いた。
 独特の≪間≫の取り方
 緩急を付けた≪間≫とも言えるだろう。
 客引き論議は、大阪を国際的観光都市にしていく上で、価値を損ねるという声も多い。
 しかしながら、その実で、やり方を考えて行けば、価値を高める方法もあるのではないか。
 ≪間≫というのは、ある種文化なのだから。
 
 そんな事を考えながら、再びぼんやり道頓堀で佇む。
 そうこうしていたら、電話がなった。
 Sayaからだった。


≪大阪府大阪市 道頓堀川のほとり≫

8月17日 PM4:30
 「おつかれさまです。今終りました」

みんなの読んで良かった!