第三十七話 働きながら夢を追う(兵庫県岡山県編8月16日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

1 / 3 ページ

前編: 第三十六話 これが本当の最終講義(大阪府編8月15日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと
後編: 第三十八話 Saya受かったと思うよ!!大阪府和歌山県編(8月17日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

第三十七話 働きながら夢を追う

大阪府大阪市⇒兵庫県西宮市⇒岡山県岡山市⇒大阪府大阪市編
前回までの補正移動距離 8353.5km
区間移動距離 356.2km
概算総移動距離 8709.7km

≪兵庫県西宮市 甲子園球場≫

8月16日 AM10:00
 地元高校が出場しているせいか、甲子園の周りは人が沢山いる。
 阪神タイガースの試合前とは異なり、各地方の色がそれぞれ出ているのも、この時期の
甲子園の特徴ではないだろうか?
 この旅を続けていて、様々な葛藤があった。
 ≪セミナー≫に誰も来てくれない現実。
 旅も、半分以上を過ぎ、何をしているのか俺自身もわからなくなりつつも、ようやく中
盤辺りから、意味を見出してきた。

  •  話しかける
 きっかけ作り・・・キッカケなくして、何も生まれない。
  •  写真を撮る
 記憶と記録に残す・・・人間は忘れる生きものだからこそ、残しておく必要性がある。
  •  ありがとうの言葉
 感謝・・・わざわざ時間を割いていただいている。だからこその感謝。

 やれる時間は、限られている。
 そんな中で、甲子園球場に行ったのは、一回勝負そして、人生で幾度もない機会を、目
に焼き付けたかったから。

 その高校が勝った瞬間、アルプススタンドで俺も喜んだ。


 そして、再び旅の舞台に出発した。

≪兵庫県神戸市 三ノ宮駅 喫茶店≫

8月16日 PM1:00
 甲子園での試合を見終わって、一路岡山方面へ。
 就職関連のトークイベントと音楽のコラボイベントが、岡山である。
 この旅を応援してくれている、ミナトさんが主催していた。
 顔を出しに行こうということで、岡山へ向かう。
 三ノ宮駅で降りて、お茶をしていたら、一人の女の子と話す機会があった。
 専門学校を卒業するも、職場の環境に合わず、3か月で離職をしたと話す。
 今は医療系民間企業で働く専門職だと答える。
 午前はクリニックで技師をしており、午後は事務型の業務や営業の業務に就いている。
 『辞めた理由はなんだったの』と俺は尋ねた。
 「高校時代のトラウマかな。女子特有の雰囲気になじめなかったの」
 と答えた。
 彼女の高校は、女子の少ないクラスで、ギャル系、腐女子系の2グループしか存在しな
かった。
 だから、真面目であれば、腐女子なグループに入るのが一般的だったという。
 しかしながら、グループでの話題に笑わないという理由から、徐々に疎遠になりグル

みんなの読んで良かった!