第四十一話 美人はイオンに?死闘14時間の美女探し(香川県高知県徳島県8月20日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

1 / 2 ページ

前編: 第四十話 教え子が、教える側に回った日(島根県編8月19日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと
後編: 第四十二話 気楽に行く方がうまくいく?(香川県愛媛県広島県編8月21日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

第四十一話 美人はイオンに?死闘14時間の美女探し

香川県高松市⇒高知県高知市⇒徳島県徳島市⇒香川県高松市編
前回までの補正移動距離 9461.1km
区間移動距離 405km
概算総移動距離 9866.1km

≪香川県高松市 高松駅⇒高知県高知市 高知駅≫

8月20日 AM10:00
 高松駅に近いレンタカー屋さんで、レンタカーを借りた。
 20時に戻りますという予定で。
 四国3県をぐるりと回る。
 出発時、凄く凄く甘く考えていた。
 行けば、なんとかなるだろうと。
 10時間で、全ての行路は、達成するだろうと。 
 
 しかし、そんな甘い考えは、あっさり覆される。
 高松から、高知まではおよそ2時間強。
 山が続く高速道路。
 音楽を聴きながら、高知県高知市まで車を進めた。

≪高知県高知市高知駅≫

8月20日 PM0:30
 高知県には、初めて来た。

 アンパンマンの曲が鳴り響く。
 なんて素敵なところだろう。
 そんな甘い考えは、さっさと捨てなければいけない状況になる。
 声を掛ける人がいない。
 そして、掛けても会話すらできない。
 どんどん時間は過ぎて行く。
 焦る気持ち。
 取りあえず、お話だけでもできないものかと考える。
 『すいません。美人さんってどこにいますか』
 「イオンにいるんじゃない」
 この旅をしていて、頻繁に出てきた返答
 ≪美人はイオンにいる≫
 とは言え、らしさが出ない。
 この旅では、駅であったり、観光地であったり、そういった場所で撮っていることが、
大半。
 ただ、この視点は面白い。
 そこで、Facebookに俺なりの視点で書いてみた。
 すると、中小企業研究や人材教育研究をされている、産業能率大学のハシモト先生が、

 「地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会 (朝日新書) これ読む
と良いですよ」

 この本は、岡山県倉敷のイオンモールに集う若者たちを取り上げたもの。
 商店街でなく、ショッピングモールが≪地元≫である現代。
 だとするなら、美人が集まるのではなく、人が集まるから、必然と美人も集まるという
図式が成り立つ。
 俺であれば、どういう視点で書けるかを考えたら、
 
 『なぜ、俺の声掛けに立ち止まってくれたのか?』
 この謎が、もし解けたなら
 『なぜ、美人は写真を撮らせてくれるのか?』という図式が見えてくる。
 そして、本当の意味での美人は、表情やストーリーを語れるという点も見えてくる。
 もっと飛躍すれば、『美人になる方法』という素晴らしい≪研究成果≫が挙げられる。

 あくまでも仮説であるが、最終回で少しお付き合いいただきたいと思う。
 自信が無くなると、とたんに結果が出なくなる。
 声を掛けることが、躊躇されてきた。
 聴こえる≪アンパンマンのテーマ≫が、悲壮感を帯びてきた。
 これは、いけない


 『そうだ。飛行場に行こう』

≪高知県南国市 高知竜馬空港≫

8月20日 PM2:30
 高知駅から、車を走らせること30分。
 南国市にある高知竜馬空港に到着した。

 ここなら、誰かいるだろう。
 まだ、高松に20時までに戻れる。
 そう思った。
 しかし、出発・到着含め飛行機がしばらくない時間帯
 人がいない。
 やばい。
 案内掲示板を見た。
 どこに人が居るか?
 『桂浜?』
 取り急ぎ、俺は、桂浜に向かった。

≪高知県高知市 桂浜≫

8月20日 PM3:00
 高知市にある桂浜は、観光客も訪れる観光スポット。
 俺は、車を降りると、浜に向かった。
 可愛らしい女の人達がいた。
 全力で声を掛けた。
 『こんにちわ……ゼェゼェ』
 息も途切れがちになりながら、声を掛けた。
 「こんにちわ」
 笑顔で返してくれた。
 『あの、俺は全国一周美女探しをやっていまして、四国3県を10時間で美女を撮影する
ことをやっているんですよ』
 「すごい」
 『ありがとうございます』
 思わず、笑顔でピースサインをした。
 『おねぇさんたちは、どちらからお越しになったんですか?』
 「愛媛県からきました」
 『愛媛 松山 ありがとう』
 コトバにならない言葉を発し、思わず握手した。
 『早速で恐縮なんですが、美人さん達を写真撮ってもいいですか?』
 「いいですよ。ねぇ」
 いいですよと快諾してくれた女の子は、隣の女の子に促した。
 「おつかれさまです。いいですよ」
 『ありがとうございます。』
 再び握手をした。
 『じゃあ撮りますよ。ハイチーズ』



 

 『ありがとうございます。また会える日を楽しみにしてます。』

 俺は、駐車場に向かって全力疾走した。
 駐車場に向かう途中で、三人組の女の子達と遭遇した。
 目が合ったので、
 『こんにちわ』
 と言った。
 「こんにちわ」
 駐車場まで向かっていた、三人組の女の子達と、お話しながら、この旅のことを色々と話した。
 「絶対面白いですよね」
 『じゃあ撮らせて』
 「いいですよ」
 『ハイチーズ』





みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。