第四十二話 気楽に行く方がうまくいく?(香川県愛媛県広島県編8月21日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

前話: 第四十一話 美人はイオンに?死闘14時間の美女探し(香川県高知県徳島県8月20日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと
次話: 第四十三話 それは、ホームではじまった(山口県広島県編8月22日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

第四十二話 気楽に行く方がうまくいく?

香川県高松市⇒愛媛県松山市⇒広島県広島市
前回までの補正移動距離 9866.1km
区間移動距離 245.2km
概算総移動距離 10111.3km

≪香川県高松市 高松駅≫

8月21日 AM10:00
 レンタカーを返し、高松駅へ。
 さて、香川県の美女はまだ撮ってないぞ
 でも、そんなに焦ってはない。
 もし、撮れなかったら、また戻ってくるか。
 そんな、リラックスした気持ちこそ、何かを運んでくる。
 たまたま、駅で見かけた可愛らしい女の子に話しかけてみた。
 『どうも、こんにちわ。全国一周して写真を……』
 「面白いことやってますね。」
 そんなところから、会話は始まった。
 『写真撮らせてもらっていいですか?』
 「どうぞ」
 『はいチーズ』
 
 写真を撮ってから、色々と聴いてみた。
 『どちらに行かれるんですか?』
 「松山です」
 『同じ同じ。何をつかって行くの?』
 「次の高速バスです」
 『同じ同じ』
 なんと、写真を撮った女の子と同じ方向、同じバスだった。
 『もし良かったらバスでもお話しませんか?』
 「ぜひぜひ」
 そんな松山までの旅が、始まった。

≪松山までのバスの車中≫

 松山までは、バスで2時間40分。
 彼女は、大学2年生
 色々な未来を、想像しながら、今を全力で頑張っている。
 時に、失望したりもあるけれど、でもまた立ち上がる。
 「自分らしさってなんですかね」
 『俺らしさは、写真を撮らせてくださいって、恥を承知で行くことかな。決していいこ
とばかりじゃないけれど、悪いことばかりでもない。』
 「あっつ確かに。おもしろい」
 彼女の顔は、少しづつ変化してきた。
 絶え間ない笑顔に包まれて、あっという間にバスは松山駅に着いた。

≪愛媛県松山市 JR松山駅≫

8月21日 PM1:40
 『じゃあ、また一枚撮ろうか』
 「はーい」
 笑顔が、こぼれんばかりだった。
 『はいチーズ』

 『ありがとう。また会える日を』
 「はい。またどこかで」
 彼女は、Facebookでこんなコメントを残してくれた。

 「楽しかったです! (人´∀`o)出会いに感謝ですね♪これからも頑張ってください」
 
 出会いに感謝。まさに、そこに尽きると思った。
 松山駅で、ご飯を食べ、船で広島に向かった。

≪松山港⇒広島宇品港≫

8月21日 PM4:50
 高校時代の後輩が、広島なら迎えに来てくれるという。
 俺が、高1、彼が中2の時からの付き合いだから、約20年近くになるのか。
 彼は、バリバリ社会人として、技術者として、活躍している。
 そんな立派になった彼に会えるのを楽しみにしていた。
 船から見る景色は、雄大で、今まで蓄積された旅の疲れを癒してくれる。


 夕方に松山を出た船は、夕日に照らされて、呉の港を経由し、7時半に広島宇品港に着
いた。

≪広島県広島市 あるお店≫

8月21日 PM8:00
 彼が勧めるお店で、ご飯をいただく。
 実にウマい。
 「僕のおすすめの店なんですよ」

 彼は、自信を持っておれに伝える。
 『さすが、おすすめの店だけあって旨いな』
 昔話の恋の話から失敗談、そして今現在の話に花が咲いた。
 そして、俺が一つのお願いを出した。
 『もし良かったらだけど、俺のセミナー(ドリカフェ)に特別講師で来てくれないか?』
 「全然OKですよ。先輩のお願いなら聴きますよ」


 『まじか。ありがとう。』
 食事を終え、彼に懸命にホテルを探してもらったが、見つからず、サウナに泊まる事にした。
 『また、会える日を楽しみにしてるよ』
 「今度は、東京ですね」
 この日で総移動距離10,000kmを超えた。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

第四十三話 それは、ホームではじまった(山口県広島県編8月22日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

著者の日高 啓太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。