神戸で1番の美容室をつくる!【00: プロローグ】

プロローグ -神戸で1番の美容室をつくる-

初のSTORYS.JPへの初投稿。お店をつくることが僕の仕事なのですが、そこには物語がたくさんあります。このストーリーが、これからお店をする方達のお役に立ればと思い、綴ります。第一回目は、『神戸で1番の美容室をつくる』です。

はじまりは、フェイスブック。

滝沢恭生
げんきー?
植田勝彦
元気ですよ~!先輩は元気ですか?
滝沢恭生
後輩は元気ですか?
こんな何気ない、Facebookのメッセージから初まったストーリー。彼は僕の高校時代の先輩で、部活のキャプテンでした。どんなに疲れているときでも、いつも笑顔でみんなを癒してくれる、とてもいい先輩。おちゃらけ具合もたまりません。高校卒業後、美容室の専門学校に行き、卒業から現在まで、美容師として活躍しています。

そんな先輩が、久々にくれたメッセージ。なんだろう?と思ったら、夢を語ってくれました。それは【美容室の開業】。高校時代から追い求めていた夢が、動き出そうとしているのです。その夢を聞きたくて、先輩に会うことにしました。


焼鳥屋で久々の再会。

焼鳥屋で久々の再会。骨付き鶏をほおばりながら、ビールを片手に昔話。学生時代の関係は、久々に会っているのに久々じゃないような、いい関係です。会っていなかった間の仕事や恋愛の話もしながら、先輩の夢である【美容室の開業】も語ってくれました。
植田勝彦
どんなお店にするんですか?
滝沢恭生
女性のお客さんが癒されて、満足できるお店にしたいわ〜
植田勝彦
素敵ですね!どんな女性のお客さんですか?
滝沢恭生
30〜40代の子育ても落ち着いてきた女性かな。
植田勝彦
大人の女性ですね。じゃー、サービスもきっちりしないと、いけないですね!
滝沢恭生
そやねん!だから、若い美容師が多いお店じゃなくて、一通り経験の積んだ美容師さんを揃えようと考えてる。きっちりとしたサービスでお客様が満足できるように。
植田勝彦
じゃあ、落ち着いた雰囲気がいいですかね。他の美容室に負けないとこはありますか?
滝沢恭生
そやね。女性が落ち着ける空間がええねん。これからの時代はトータルビューティー etc......
こんな感じで、ついつい終電まで飲んでしまいました。お店をつくる前は、どのお客様も期待に胸を膨らますものです。この後も、つくりたいお店のことを、いろいろと語ってくれました。どうせお店をつくるなら『神戸で一番の美容室』を目標に。何をどうやって1番にするか、具体的なところは次回の【02: コンセプトワーク】で書きます。

ミーティングも終わり、帰り道ではなぜか半沢直樹の話。「倍返し!」する相手もいないのに、「倍返し!」で締めくくりました。僕らも、半沢直樹ぐらいの勢いで、店づくりに取り組みます。


まとめ

店舗デザイナー、店舗設計者が決まれば、まずは想いを伝える事が一番大切です。その地域の1番になれると思うソフト面、コンテンツ内容を語りましょう。あなたの想像を伝える事で、私たちデザイナーは空間を創造します。まずは、気軽にデザイナーさんと打合せしましょう。

アンプロジェ店舗デザイン事務所 / 植田 勝彦


カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の植田 勝彦さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。