不足の事態

次話: 続 不足の事態
  昨年の夏、糖尿病で倒れ右脚を大腿部で切断し、一命を取り留めた。自分が糖尿病である事は知っていたが、そこまで悪くなっているとは思いもしていなかった。糖尿病なぞ、アホのなる病気だと馬鹿にしていた。と言う事は、自分が最も馬鹿だった訳だ。
   糖尿病をあなどってしまったのには、もう一つの理由がある。
   十数年前になるが、ある日ひどく腹が痛んだ。痛む場合から考えて、てっきり盲腸に違いないと推測し、胃腸科専門の病院へ行って診てもらった。しかし診察の時には痛みも収まり、盲腸ではない、単なる腸炎だろう、と言うことだった。大事をとって採血もし、検査する事とあいなったが、結果がでるまですこしかかるとのことだった。痛みも失せていたので全く心配はしなかった。
    その翌々日の事、病院から電話がかかった。明日是非とも来院されたし。事務員の断固たる口調に胃が縮んだ。「癌や!胃癌?大腸癌?それとも小腸か!」泡を食って飛んで行った。                                                                             「糖尿病です」                                                                                                       「は?」                                                                                                                       「今から手当をすれば、間に合います」                                                                     「胃腸科専門病院がなんで、糖尿病なん?しかも強引に呼びつけて!」  
      その日、糖尿病に詳しい医者が来る、だから診察を受けよ、と勧められた。まあそこまで案じてくれているのなら、折角来たのだ、と受ける事にした。
     「まずするべき事は痩せる事。一日1200キロカロリーにしましょう」        「え、え、え?2100の間違いやないですか?」                                                                                           「1200で充分、生きていけます。それから正しくダイエットして下さい」           先生は手早く栄養の話をし、バランスが大切だ、と強調した。                                      「後、栄養士のレクチャーをうけてください。では来月診察しますので、しっかりダイエット、お願いしますよ」                                                 
       昨年倒れるまで、私は個人塾を開いて、子供達を教えて来た。そして盛んに   「なんで先生の言う事をきかれへんねん!あんたらの事思うから、言うねんで。自分のためなら言わんわい」                                                                                          と叫んで来た。医者も先生、言う事を聞かぬ訳にはいかぬ。10kg減量してやるう!と決意した。
       言葉は怖ろしい。栄養士のレクチャーを受けたが、そのほとんどはDVDだった。最後に面談があって、告げられた。                                                                     「ものすごくお腹が空くと思います。その時です、余分な脂肪が燃えているのは!我慢です。踏ん張り所です。燃えている!のです」           
     「燃えている!燃えている!燃えている!」なんど念仏のように唱えたことだろう。確かに効果は抜群だった。一日なにもたべないと0.5kgは減って行く。目に見えて減って行くので拒食症になりそうになった。一ヶ月後10kg減量して65kgになった。                                                                                                                  
        一ヶ月後、医者先生は驚いた。ひどく糖尿病が悪化したと思ったのだ。しかしやたら血糖値は改善されており、この調子で、食事療法で行きましょう、と言うことになった。
         これが命取り、否、脚取りになった。                                                                           「糖尿病なんか、イージー、イージー」と思い上がってしまった。
       食事療法は放棄され、二ケ月で元に戻ってしまった。

続きのストーリーはこちら!

続 不足の事態

著者のEguchi Hiroshimaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。