出張整体師はみた! グラビアアイドルのお客様 1

前話: 出張整体師はみた! オフィス内の攻防戦
次話: 出張整体師はみた! グラビアアイドルのお客様2
ある春の日、M様という女性からのご依頼がございました。
電話番に必要事項と共にM様の苗字をお聞きした時に、
特に珍しい苗字ではないのに、同じ苗字のグラビアタレントさんの
名前をなぜか思い出し、記憶の目印のように頭の中で連呼しておりました。
その当時勤めていた店舗の近隣だったこともあり、M様のお宅には
すぐに到着致しました。
オートロックを開錠していただき、エレベーターで向かう途中も、
お会いするとは思っていない、そのグラビアタレントさんの名前を
幾度となく思い出しておりました。
そして、玄関に到着し、インターホンの合図で開いた扉を開きました。
開けてくださったのは、うつむき加減のすらっとしたスタイルのクールな
お顔立ちの美人の女性でした。
体調が芳しくないのか、表情も暗く、玄関が逆光状態になっており、
その場でははっきり気付きませんでしたが、見覚えがある気がします。
M様に指定されたリビングに移動し明かりにはっきり照らされて確信しました。
そうです。先ほどまで頭の中で連呼していたグラビアタレントのM様ご本人
だったのです!こんな事もあるんですね。
正直に申しまして、非常に驚きました。

しかし、プライベートで体調が優れない為にお呼びくださったのに、
動揺していては大変に申し訳のない事でございます。
内心の動揺を何とか隠し、あくまで通常通りに簡単な状態の質問から
施術に入りました。
通常は、世間話をしながらの施術か、反応が芳しくないようでしたら、
必要最低限にとするかお客様に合わせているのですが、この時は動揺を
隠すのと、話していい事、避けたほうがいい事の判断がつかずに、結局
ほぼ会話のない状態で終わりました。
終了後のM様は、多少の疲労感こそ残ってはおりましたが、
到着時に不調から暗く不機嫌そうだったのが消え、笑顔で

「楽になりました。よく眠れそうです。ありがとうございました。」
とおっしゃっていただけました。
小生が動揺して話しかけたりしなかったのが、結果的には良かったようです。
こちらもほっとして撤収させていただきました。
(つづく)

※ここまでお読みいただきまして、誠にありがとうございます。
読んでよかったと思っていただけましたら、このページと共に、初回の
にも「読んでよかった」を押していただけれると嬉しいです。
大変恐縮ではございますが、どうぞ宜しくお願い致します。
また、出版等のお問い合わせは
足利忠宛にお願いいたします。
※画像はイメージ用で実際の登場人物とは一切関係ございません。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

出張整体師はみた! グラビアアイドルのお客様2

著者の足利 忠さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。