【23】痛みと温度が同居した日 ~エピローグ~

1 / 3 ページ

前編: 【22】痛みと温度が同居した日 ~求めたモノは与えたかったモノ~

ねえ、さき。

ママは何を見ていたんだろう あなたの。
ママが子供時代にね、さきのおじいちゃんとおばあちゃんに対して思ったこと、
それは ありのままのわたしを見てよ、だった。
そして どんなに出来損ないでも 信じてほしかった

それなのに、あなたに、あの時のママが感じていた様な
悲しい想いをさせてしまったね。

はじめての立っちしたとき、喜んだ反面、動かなければいいのに、そう思ってごめんね。
風邪を引くたびに 病院へ行くのが面倒だと思ってごめんね。
できなくて当たり前の小さなあなたに たくさんイライラしてごめんね。
寂しいって必死の訴えを 無視し続けてごめんね。
泣いているのがうるさいと思って、泣き止んでほしい、そう思ってごめんね。
ママの勝手でパパから離してしまい、
引っ越しを何度もし お友だちからも離してしまいごめんね。

でも さきはそれでも 「ママ、大好きだよ」そう言ってくれたね。

いなくなってしまえばいい、
そう思ったママに、それでも 好き そう言うあなたを
どこかで受け入れることができなかった。

けれど 求めていたモノは与えたかったモノだったんだって
そう気づけたときに 楽になった。
そしたら途端にあなたが愛おしく感じられた。
そして ちゃんと向き合って見ることがことができた。
たった  のあなたを。



目の前にいる娘を心の目でちゃんと見ることができたとき
わたしは驚きました。

彼女 成長していたんです。
心も体もちゃんと。
体は小さいなりでも 心は大人のようでした。
わたしが幼少時代に大人の本音も嘘も見抜いていたように
娘はわたしのそれら全てをちゃんと見ていました。

みんなの読んで良かった!