嫌いだった自分探しの旅 第2話 おじいさんから受け取ったこと

前話: 大嫌いだった「自分探しの旅」を、今では勧めるようになったきっかけ
次話: 嫌いだった自分探しの旅 第3話 学生時代、日本を旅して

「おじいさんの残した写真」


僕はその時の仕事の一環で、その方の遺品のフィルムを現像し、すべての写真を整理する機会をいただきました。


あまりにも多い数だったため、特に何も考えずにひたすらアルバムにつめていっていたのですが、ゴールを見据えておそらく最後の休憩にしたであろうところでの写真が、今でも忘れられません。


「空と、自転車と、道路」、写っていたのはそれだけなのですが、やけに目を奪われました。


なんというか・・・、80歳の旅の最後の写真のはずなのに、「まだまだこれからがある」そんなことが伝わってくる写真でした。



その写真を眺めながら、当時その回を担当していたディレクターから、おじいさんが話していたエピソードを聞いていくうちに、「自分も自転車で日本を旅してみたい」という気持ちがムクムク湧いてきました。


もともと出不精でそんなに旅好きでもなかったのですが、そのおじいさんの遺した「一歩踏み出す勇気を持つ」という言葉に後押しされ、バイト代をはたいてグレートジャーニーという有名な旅用の自転車を購入しました。


そこから少し時間がたってから、大学の休みを利用して、ついに2か月の自転車の旅に出ることになったのです。


細かなルートはあまり決めず、とりあえず北へ!

完全に自分が嫌がっていた「自分探しの旅」です。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

嫌いだった自分探しの旅 第3話 学生時代、日本を旅して

著者の井原 真吾さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。