人生で大切なものは、ゲーム、酒、本。 - ゲーム編

1 / 2 ページ

将来なにやりたいの?

『将来何やりたいの?』 とか 『人生で大切なものは何?』って聞かれて、パッと答えられる人って実はそんなにいないと思うんですよね。
友達!とか家族!とか、その辺りのものは勿論、当たり前に大切なのですが、”人とは違い自分はこれを大切にしている!”と言えるものをパッと答えるのは中々難しいものです。
私の場合も、振り返ってみると随分適当でした。

子供の頃->高校生

小学校の頃は、お金!と答えてマセて見たり、
中学校の頃はパソコン!と答えて『マニア』(当時はオタクという言葉が存在しなかった!)と言う称号を欲しいままにしたり、


高校生の頃は『ん?よく分からんけど一生ゴロゴロしたいわ〜』と言う自堕落な生活を象徴する返事をしてみたり・・・
まあ人生そんなもんだなーと思います。
とは言いつつ、流石に社会人にもなるとある程度固まっては来るもので、ここでは25年間で考えてみた私の人生で大切なものを答えつつ、高校時代の話を交えて今の自分の話をしたいと思います。

ゲーム    本     お酒

改めて文字にしてみると、不思議な組み合わせですが・・私の人生をまとめると、上記6文字になります。
お酒は大学生になって覚えた私の潤滑油であり、本は幼い頃から積み重ねた私の血肉でありますが、
ゲームに関してはちょっと特別で、あえて表現するならゲームは私の
人生
という事になるんじゃないかなと思います。
(こっちにも書いてます。 -> 僕とゲームと人生
そんなゲームと人生の高校時代の付き合い方について、ここではもう少し詳しく書いていこうと思います。
ちょっと長くなるので、3行でまとめると
・ゲームも、意外と役に立つ
・本当に大切なのは、勉強よりも、自分が好きなモノ
・あんまり周りは気にしなくて良い
というような感じです。


高校時代

福岡高校

約10年前、私は福岡高校と言う、福岡県ではそこそこ名の知れた高校でスーパー自堕落生活を送っている高校生でした。
何がどう自堕落かと言うと・・

弓道部、1年立たず辞める


中学時代、部活というものを真面目にしてなかったので、運動部に入って真面目に頑張るという誓いを立て、弓道部に入る -> 1年立たずに辞める

理由1.  女性の先輩が苦手(ファック)だった(今思うと私が100%悪かったのですが。。笑)
理由2.  弓道等の武道では、偉い先生とかがよくいらっしゃるのですが、当時は反発したい年頃だったので、やたら反発していた
理由3.  弓道よりゲームしてる方が楽しかった
こんな感じで、速攻部活を辞めて、帰宅部生活を楽しんでいました。


(ちなみに当時の弟も運動部の部活をしていたのですが、一緒にネットゲームをしたかったので、説得して一緒に辞めさせました・・笑)

狂った生活リズム

 朝起きる
->学校へ行く
->授業中ひたすら寝る(またはネットゲームの戦略を練る)
->帰宅し、漫画を読みながらひたすらネットゲームをやる
->朝3時ぐらいに寝る
->起きて学校へ行く
という生活の繰り返しでした。

下がる学年順位

突然授業は寝まくったり、宿題やって来なかったりを繰り返したりで、成績は下がり続け、入学当初は実力テストで20/400番ぐらいだった成績も、気付いたら学年200番ぐらいまで下がっていました。

高校3年受験生になってもゲーム

高校3年生になっても似たような生活を続け、みんなが志望してるから九州大学を志望。
まあ俺なら受かるだろう!
という根拠のない自信だけがあり、また友達と一緒に不毛な競争、

友達
一緒に勉強しないでおこうぜ!
しないわ!!今日はゲームする!!
        〜 次の日 〜

1分も勉強しなかった・・・
友達
え、本当に1分もしてないの?
し・・してない・・
友達
お、俺も・・(本当は流石にしてる)
と言う不毛な競争を繰り返し、本当に全く勉強してなかったので、当たり前のように浪人しました。友達は本当に勉強していないと信じつつ、すっかり自分が勉強しないのを正当化していた単なるアホです。
さて、受験に落ちて、浪人


サラッと書いてますが、当時は自分より成績が下だった人が九大に受かっているのを見て、凄く悔しかった想い出があります。でも、当然の事なんですね。
結局受験って、最後に効いてくるのは『自信』です。
浪人の時に改めて実感しました。絶対的な勉強量をこなしてると、徐々に自信がついてきて、大したことのない問題ではまず間違えなくなります。
受験する前から負けていたようなものです。しょうがないですね。

浪人時代


さて、浪人した私。気分を切り替えるために、とりあえず春休みは死ぬほどゲームしました。
初めてオンラインゲームに課金し(1万円程度)、暗鬱な気分ながら1人で黙々とプレイをし続けました。
途中何回も、自分は一体何をやっているんだろう・・等と思いながら、今はゲームしかやる気にならない・・という事でひたすら。



サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の溝部 拓郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。