2.当時のパソコン事情

次話: 3.Appleコンピューターを選定した理由
当時の職場の端末(パソコン)は、123と入力すると、ロータスが起動するというDOSっぷりでした。
そして、一太郎とか花子が動いているのを見て、作り出されるものが私の求めるモノと乖離している、と感じました。
それに対して、AMIGAやATARI、Macintoshから作り出されるものはクールでした。あまりよく分かってなかったと思いますが感覚的に。
また、GUIを採用しており、なんというか、簡単なイメージがありました。先進的なイメージというよりカンタンというイメージが先行しました。
なにより、
「自宅でCGらしきものが作れるらしい」
というモチベーションが、私にこれらのマシンが欲しいとかき立てるのに充分な理由となっていました。
知人はATARIで、キューベースというMIDIシーケンスソフトを使って、作曲していると聞いて、
「これからは、あらゆるものがパソコンを使って創り出されるに違いない」
と確信したのです。
そして少ない情報を頼りに「MacPower(マックの専門情報誌)」とかをまず買ってみるのでした…。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

3.Appleコンピューターを選定した理由

著者の山口 良介さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。