今のわたしは28才社長みならい。大学時代は社会人みならい。

1 / 5 ページ

前編: 今のわたしは28才社長みならい。高校時代は・・・
後編: 今のわたしは28才社長みならい。社会人1〜4年目。

前編でははしょりながらも高校時代のわたしの一部を紹介。
これからは大学生活後半について書こうと思う。

前編でも書いた通り、親孝行も含めて外大の英米学科へ進学。
家から電車で五分のその大学に通う事に決めたわけだが。
再度1から英語を学び直すモチベーションがあがらず。
1〜2年で必須科目のみ24単位を取得し、たった24単位しか持たずに
大学3年生に進学してしまった(逆にダブればよかったのにと今なら思える)
髪の毛はまきまきだったし、なぜか黒かった(不思議なことに)


話はそんな大学3年生直前にさかのぼる。


携帯に「国際電話」の通知。
ああ。Aかと応答すると。Aはこういった。


友人A「なぁ、ゆみ、今のままじゃいやや。うち変わりたい。」

わたし「うちも!なんかでっかいこと、できへんかな!
    一緒にやったら出来そうやんな!」

友人A「今度日本帰ったら東京いこ!」

わたし「今のままで行っても誰も会ってくれへんよな。」

友人A「何かで有名になろ!」

わたし「ブログとか書いてみる?」



という下りで、当時「アルファブロガー」と呼ばれていた友人のまねごとをして
必死でブログを更新する日々。

それなりにアクセスが集まり、ブログランキングでも
あるカテゴリで1位を取れるくらいになっていた。

それをフックにアルファブロガーの集まりのような、
今思えば親も良く、行かせてくれたよなと思えるようなプランを

みんなの読んで良かった!