就職嫌いのITエンジニアが、2度目の独立で成功できた理由とは?

1 / 2 ページ

今回は、私が2度目の独立で一定の成功を収めることができた理由について書いています。独立を迷っている方に読んで頂きたいですね。
それでは、スタートです!
ーーーーーーーーーーーーーー
私は今までに2度、独立している。
一度目は23歳の時。
二度目は29歳の時。
一度目の独立においては、さほど大きな成功は得られなかったが、
二度目の独立においては、自分で予想もしていなかったほど、
爆発的な成功を得ることができた。
29歳に2回目の独立した直後は、
独身で横浜の家賃8万4千円のワンルーム暮らし。
その2年後には、東京都内に引っ越し、
家賃は駐車場を含めると40万円ほどに。。
結婚もし、子供も2人授かった。
29歳の時点では、このような生活ができるなど、想像もしていなかった。
それでは、この二度の独立における違いは何だったのだろうか。
どちらもIT業界での独立であったたま、業界に違いはないし、
知識や技術、経験を積み上げたから、という要素は確かにあるが、
一番大きな違い、それも、成功要因の8割を占めていると思われるのは、
『迷いの心』
であった。
一度目の独立後には、次のような迷いがあった。
・「大学まではそこそこ一流と呼ばれるところに入れたので、
 一流企業を渡り歩いた方が成功できるのではないだろうか?」
・「自分はまだ20代前半で若い。一般的に定年と言われる60歳まで、
 あと35年以上も、社会にで生き残り続けることができるだろうか?」
という感じだ。
あることをしようとする時に、
迷いがある状態では最大限の力が発揮できない。
何故かというと、
例えば、右へ動こうとする時に、
迷いがある状態だと、
無意識に左へ動こうとする力が働くからだ。
自動車を運転する時に、
ブレーキを踏みながらアクセルを踏むようなものだ。
それでは、最高の速度は出せないし、
自分の中で反発しあう力を相殺するために、
大きなエネルギーを消費してしまう。
事実、一度目の独立の際にも、
大きなチャンスは訪れた。
それは、あの自動車のホンダから仕事を得られるチャンスだった。
今の私なら、
「ビッグチャンスだ。
 ここをうまく乗り切れば、安定的に仕事が得られるぞ。」
と考えるのだが、
当時の私は、
「ビッグチャンスだ。
 しかし、大きな仕事だからリスクもあるし、
 このクライアントにどっぷり浸かると、
 身動きが取れなくなる(再就職できなくなる)可能性がある。」
と考えていたのだ。
その結果、積極的にその仕事を受け入れることができず、
知り合いの会社を紹介し、自分はその仕事を辞退してしまったのだ。
数年後に、その取引が続いていることを知ったとき、
多少なりとも後悔の念を感じた。
このような迷いを断ち切ることができれば、
自分の全エネルギーを、
自分が向かうべき方向に注ぐことができる。
スポーツにおいても、
「迷い」があると大きな成果を発揮できない。
「スランプ」と「迷い」は同じようなものだ。
迷いがある状態で独立をしても、
常に「独立しなかった場合の自分」と比較してしまい、
現状がうまくいっていなければ、
「サラリーマンのほうが良かったのではないか」
と考えてしまうのである。
今の私には、これらの迷いは一切ない。
一度目の独立の際には、迷いはあったのだが、
あることをきっかけにして、これを解消することができた。
このことを説明する前に、
独立することに関して、何故我々がこれほどの悩みを抱えるのか、
考えてみた。
悩みがあるということは、その根底には不安がある。
独立に関する不安のトップ2は次のようなものだろう。
・収入の安定姓に関する不安
 『独立後は、今より稼げるだろうか?』

みんなの読んで良かった!

他6コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。