就職嫌いのITエンジニアが、2度目の独立で成功できた理由とは?

1 / 7 ページ

今回は、私が2度目の独立で一定の成功を収めることができた理由について書いています。独立を迷っている方に読んで頂きたいですね。
それでは、スタートです!
ーーーーーーーーーーーーーー
私は今までに2度、独立している。
一度目は23歳の時。
二度目は29歳の時。
一度目の独立においては、さほど大きな成功は得られなかったが、
二度目の独立においては、自分で予想もしていなかったほど、
爆発的な成功を得ることができた。
29歳に2回目の独立した直後は、
独身で横浜の家賃8万4千円のワンルーム暮らし。
その2年後には、東京都内に引っ越し、
家賃は駐車場を含めると40万円ほどに。。
結婚もし、子供も2人授かった。
29歳の時点では、このような生活ができるなど、想像もしていなかった。
それでは、この二度の独立における違いは何だったのだろうか。
どちらもIT業界での独立であったたま、業界に違いはないし、
知識や技術、経験を積み上げたから、という要素は確かにあるが、
一番大きな違い、それも、成功要因の8割を占めていると思われるのは、
『迷いの心』
であった。
一度目の独立後には、次のような迷いがあった。
・「大学まではそこそこ一流と呼ばれるところに入れたので、
 一流企業を渡り歩いた方が成功できるのではないだろうか?」
・「自分はまだ20代前半で若い。一般的に定年と言われる60歳まで、
 あと35年以上も、社会にで生き残り続けることができるだろうか?」

みんなの読んで良かった!