ラブワゴンならぬスタートアップワゴン!? - storys.jpでつくるクラウドプロジェクト物語(1)

1 / 3 ページ

後編: ハミダシ者仲間と共に - storys.jpでつくるクラウドプロジェクト物語(2)
先日、「Web版テレフォンショッキング」といったシステムを開発しようと思いつき、外部設計やページ遷移図の作成を始めました。この半年の反省から、仲間を募らなければと思い、ここstorys.jpで仲間を募ろうと、今、始まる物語。です。
あ、初めまして、shinobu komakineです。
自己紹介はおいおいで。
あと、このstoryはタメ口でいきますが、許してください。

どういうこと? - こういうこと

「あいのり」っていうテレビ番組がありましたよね。有名人ではない、ごく普通の人が同じバスに乗って旅をして、いろいろ起きちゃったりするのを視聴者が見守るアレです。
アレをWebサービスのリリースを目指すバスに置き換えて、やってみっぺというstoryです。
企画の段階から情報を公開しながら、仲間を募り、お互いのビジョンをぶつけたり、仕事感とかをぶつけたりしながら、進行するstoryを綴りたいと考えています。
資料やソースコードなんかもオープンにしながら、サービスのリリースまでを一つのstoryとしてお届けしたいのです。

それおいしいの? - わかりません!!


インターネットが好きです。様々な情報が無料で手に入って本当に便利です。
Facebook、気に入っています。いろいろな方と繋がることによって自分に入ってくる情報の流れが変わってきました。
ご存知ですか?Facebookの原則。「世界をオープンで透明化」する。好きです。そういう理念。


ここstorys.jpも好きです。お互いにstoryを語る事で、理解し合い、人と人が尊重しあうことを助けてくれる。人の多様性を受け入れる世界が近づいて、世界から争いが少なくなれば良いと思う。
インターネットが人と人の物理的距離を無くし、storys.jpが互いに異なる背景を持った人と人の距離を無くしたら、素敵だ。
一見不可解に思えるような行為にも、そこにはその人のstoryがある。共感ができなくても、理解できる事はたくさんあるし、そのことが「同じ人間だ」と思わせてくれる。
昔、「人殺し」の心理学っていう本を読みました。

あ、長くなるからやめておきます。とにかく、人間を人間として捉えなければ争いはなくならない。
いずれにしても、この世界を変えて行こうという理念に基づいたシステムって好きなんです。僕もそういうシステム創りをしていきたいと思う人間の一人です。

面白いかもと思ったら、なんでもやってみる日々


Facebookもstorys.jpも素敵。でも、透明化されるのは、自分を発信することを「よし」としている方に限定されちゃいます。
世の中にはたくさんの素敵な人、「地上に輝く星」がたくさんいるんだなぁということをここ最近になってよく思います。
「テレフォンショッキング」の面白さは、タモリさんのトークもそうですが、自分を語るつもりのない人を「ひっぱり」出すことにあると思っています。例えば、バラエティーに出ないような女優さんが出て来たり、PVでしか露出しないようなアーティストが出て来たり。

なんか、この絵だと、テレフォンショッキングぽくないけど。
いずれにしても、タモさんは居ないので、あらかじめお題を決めて、コメントしてもらうサービスになります。
イメージ的には下図みたいな感じです。あ、デザインはできないんです。だから、イメージを伝える為に、PENCILで書きました。業務では1回ぐらいしか使った事無いけど。

最初のテーマは「名言・格言」+「経営者」+「学生に向けて」

みんなの読んで良かった!