私が占い師になった理由 続編

前話: 私が占い師になった理由
初めて買った本は
ホロスコープを書く方法でした。
占いは奥が深い事を知る


ホロスコープとは生年月日、生まれた時間、生まれた場所から導き出された星の図。

生まれた時に一生の運命がそこに示してあるのです。


小学生にもわかりやすくかつ実用的。

様々な人のホロスコープを作り読んでいくうちに

占いはなんて奥が深いんだろう・・・と思いました。


もっと占いを知りたい 本を書いた人に会いたい

・・・でもどうやって?


時は過ぎ、本を書いた先生が占星術の通信講座を始める事を知りました。

その通信講座を終了すると先生の講話に参加できるとのこと。


私は早速申し込み、勉強を始めました。



毎日 講座での課題をこなす日々・・・


通信講座が終われば先生に会える・・・

その一心で講座を終了し

先生の講話に参加できる通知が届きました。


都内のとある会館の会議室で

同じ講座を終了した年齢も世代も様々な人が集まっていました。

先生の経歴や占星術のお話をされました。

とても有意義で夢のような時間でした。




先生と出会えた事が転機に


有名な先生と出会えた事は

私の人生を大きく変えていきました。


田舎で生まれ育った私が

憧れの先生に出会い

同じ占い師の道を目指す・・・


一歩を踏み出そうか悩んだ時に

友人の後押しもあって

思い切ってこの道を歩き始めました。


今でも、毎日が勉強であり修行です。


これからもずっと・・・



拝読ありがとうございました。

聞きたい話があればリクエストをしてくださいね。

著者の宮里 砂智子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。