”すべてを捨てて駆け落ちした友達”と”友達がネトゲで知り合った彼女”と”僕”とが1K8畳で一緒に暮らすことになった話【親父とさよなら編】

1 / 10 ページ

前編: ”すべてを捨てて駆け落ちした友達”と”友達がネトゲで知り合った彼女”と”僕”とが1K8畳で一緒に暮らすことになった話


これは
の続きになります。
これをみていないと分からない展開などもあると思いますので、興味のある方は先にこちらを見てやってください。


あと、この記事で書いた分も追加してあるので、わざわざ戻って見なくても大丈夫なようにしてあります。


あと、創作かもしれないと思うかもしれませんが、
すべて僕が体験した事実であり、真実です。
まあ信じてくれない人も多いと思いますが、
それがウソかホントかなんて僕だけが知ってればいい話ですので。
あなた様が楽しんでこのくそったれな馬鹿者のストーリーを読んでくれれば、
それで誰かがこいつらあほだなって、
そんなことを思ってくれるならそれでうれしいなって。
そう思います。

あ、でも多少は脚色しているところがあるかもしれません。
102%くらい。
あと吹き出しは使いにくいのでなくしました。
小説っぽいほうが僕にはあってるなって。
いや、言い訳してすみません。
この謝罪の言葉を免罪符にしてものぐさな僕を許していただきたく。
ではドゾ。

2章 残金0円で生きていく方法(仮)


事実は小説よりも奇なりとはよく言うものです。
ははぁ、大変だなぁと言いつつ、

「まあ大変そうだけどまだ僕にゃあ関係ないな、へっ。」

みんなの読んで良かった!