”すべてを捨てて駆け落ちした友達”と”友達がネトゲで知り合った彼女”と”僕”とが1K8畳で一緒に暮らすことになった話【親父とさよなら編】

1 / 4 ページ

前編: ”すべてを捨てて駆け落ちした友達”と”友達がネトゲで知り合った彼女”と”僕”とが1K8畳で一緒に暮らすことになった話


これは
の続きになります。
これをみていないと分からない展開などもあると思いますので、興味のある方は先にこちらを見てやってください。


あと、この記事で書いた分も追加してあるので、わざわざ戻って見なくても大丈夫なようにしてあります。


あと、創作かもしれないと思うかもしれませんが、
すべて僕が体験した事実であり、真実です。
まあ信じてくれない人も多いと思いますが、
それがウソかホントかなんて僕だけが知ってればいい話ですので。
あなた様が楽しんでこのくそったれな馬鹿者のストーリーを読んでくれれば、
それで誰かがこいつらあほだなって、
そんなことを思ってくれるならそれでうれしいなって。
そう思います。

あ、でも多少は脚色しているところがあるかもしれません。
102%くらい。
あと吹き出しは使いにくいのでなくしました。
小説っぽいほうが僕にはあってるなって。
いや、言い訳してすみません。
この謝罪の言葉を免罪符にしてものぐさな僕を許していただきたく。
ではドゾ。

2章 残金0円で生きていく方法(仮)


事実は小説よりも奇なりとはよく言うものです。
ははぁ、大変だなぁと言いつつ、

「まあ大変そうだけどまだ僕にゃあ関係ないな、へっ。」

と思っていたのはここで僕の物語をよんだあなたと僕だけの秘密にしておいてくださいね。
(本人はFBをやっていないし、こんな物語をここに投稿してるなんて知りません。)


これは予想でしかないのですが、
首吊り現場の死体ってグロテスクな場合が多い気がします。


舌が飛び出していたり、
失禁していたり、
顔が腫れてものすごい色になっていたり。

うう。書いていて気分が悪くなってきました。

そんな状況を家に誰もいない状態(まあ正しくは母だったものと二人ですが)で、
いるのは非常に辛いでしょう。


僕の母がそうなっていたらと考えると涙がうっすらと出てきました。

その状況下で彼女の心をなんとか彼が繋ぎ止めてたと考えると、
彼は非常に男らしい決断をしたものです。

ですがこの物語の題名では彼は全てを捨ててとなっていますよね。
会社での正社員という社会的地位だけではなく、まだまだ彼は何を捨てて何を取るかの決断を迫られます。
ここから彼が"嫁"の為に何を捨てたのか、
というエピソードをまだ当事者でない僕は語り部として話していきましょうか。

ーーー。


「親父にぶん殴られた。いきなり来やがって。」


親父は激怒した。
自分のコネを使って入社させた会社をすぐさま辞められたからです。
自分の顔に泥を塗った息子が許せぬ。
そして御天道様に顔向けできないような生活をするなという若干の親心(と言う名のエゴ)も見てとれます。

親父は思い立つと地元から3時間かけて札幌までやってきたようで。
息子を殴りに。その為だけに。
「てめえは何してんだ、ふざけんじゃねぇ。」
「もう2度とこねぇからな!てめえなんて知るか。」

凄い暇な親父さんだなーと当時親心を知らない僕は思っていました。
まあ、僕の父親が
"人生なんて本人の自由だー"
という放任主義という名の投げ捨て思考だったのもありますでしょうが。

この時の彼の親父さまの気持ちは今でもよくわかりませんが、
この行動に納得はできます。
このバカ息子、と喝をいれにきたんですよね。
きっと。

それからも親父さんを無視しつつニートになった僕の愛すべき友人は、
見事なまでの引きこもり生活を続けました。

車は親父さんが帰りがけに乗って帰っていったそうで。
だから足はなし。
職もなし。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。