”すべてを捨てて駆け落ちした友達”と”友達がネトゲで知り合った彼女”と”僕”とが1K8畳で一緒に暮らすことになった話

1 / 4 ページ

次話: ”すべてを捨てて駆け落ちした友達”と”友達がネトゲで知り合った彼女”と”僕”とが1K8畳で一緒に暮らすことになった話【親父とさよなら編】
どうも!
及川と言います。
僕の周りには変人が集まってきます。
なぜでしょう?
類は友を呼ぶのでしょうか。
友が類を呼ぶのでしょうか。
じゃあ僕は変人としての第一歩をもうスタートさせているのでしょうね。
はい。こんなことはどうでもいいですね。



これは僕が専門学校生だったころのお話です。
当時僕は田舎を離れ、札幌で一人暮らしをしていました。
あこがれの都会生活を満喫ー
なーんてことはなく、
地味にバイトに励み、
地味に自炊して、
地味に恋愛をしながら学校に通っていました。

そんなある日近くに高校時代の友達が就職して札幌に引っ越してきました。
(と言っても地下鉄二駅ほど離れた場所ですが。)
その人、仮に大島君としましょうか。
彼とはかなり仲が良くダイナミックな性格とそのユーモアあふれるひょうきんさは、
仲間内でも高い評価を受けていました。
そんなところから、物語は始まります。

第一章 大島、仕事辞めたってよ。

引っ越してきた当初は、
おうじ(大島のあだ名)とは定期的に遊んだりしていました。
札幌のレトロゲーム屋を巡ったり、
大通りまで彼の車でドライブしたり、
また別の仲間と一緒におうじの家で遊んだりしたこともありました。
しかしそんな時も彼はPCの前から離れません。


どうやらスカイプ(インターネット通話、チャットをするサービス)で誰かと話をしているようです。
彼曰く”嫁”だそうで、
まあ夫婦の団らんを邪魔したら悪いなぁと思い、
その隣の部屋で別の友人とロックマンをやって盛り上がっていました。


しかしそれから日を追うごとに彼の様子がおかしくなってきたのです。


異変は目に見えない形で伝わってきました。
仲がいい仲間内でグループチャットをして会話を楽しんでいたのですが、
おうじだけ返事がない。


「んん?珍しいな。」
「まあそんな日もあるか。」
と思ってみんなで放置していたのですが、
1日、3日、1週間と日を追っても音沙汰がない。
いや、あるにはあったのですが、
ちょっと「嫁が・・・」と空気読めといわんばかりにお茶を濁すだけ。
仲間内でも若干心配の色が見え始めてきました。


ーーー。

そんな日はさらに続きました。
僕も学業にアルバイトに、と忙しい毎日を過ごしていましたから、
様子を見にもいけずもやもやとした日を過ごしていました。


その日はしばらくぶりの休日でした。
バイトも学校もなく、
友達との予定もなかった僕は思い切っておうじの家を訪問することにしました。
思いのほか電話は簡単につながり、
そのまま彼の家へ。


インターフォンを押し、オートロックを解除してもらった後、
何かにせかされたように1段飛ばしでマンションの階段を上りました。
少し息を整えて、いざ部屋の中へ。


ゴミ袋。コンビニ弁当、そのほかもろもろ。
そんな中に彼はいました。
これといって変わった様子はなく、
意外とケロッとしていたのを見たときは、
安堵か先ほどの息切れの余韻かわかりませんが溜息が出ました。


少しお話をしました。


そこで手に入った情報は二つ。


一つ、
今”嫁”の側を離れることができないこと。
(スカイプを通した先を”側”と揶揄することが正しいのかわかりませんが。)

何でもそばを離れると何をしでかすかわからないそうです。。


二つ、
そんな状況だから会社に行けなくなり、会社を辞めたこと。


ふむ、わけわからん。
ですが彼が無事に生きていたことは僕を安心させるには十分な材料でした。

大島
今言えるのはここまでだ。
大島
だけどもう少し落ち着いたら事情を説明するよ。
大島
お前らになら話しをしてもいい。
大島
だから少し待ってくれないか?すまん。

そんな男前な発言を聞かされてはさすがに踏み込むわけにもいきません。
ついでに僕はホモではないので惚れたりもしません。

その後帰宅して仲間内にその情報を流し、
僕たちは”夫婦”の様子を見守ることにしました。


ーーー。

気が付けば1ヶ月の月日が流れました。
そんなある日おうじから連絡がありました。
大島
しばらく反応できなくてすまん。お前らになら話をしてもいいと思う。だから少し俺の話を聞いてくれないか?
ああ。
仲間内に緊張が走ります。
そこから彼はポツリポツリと話を始めました。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。