なぜ中学3年間保健委員を貫き通したのか?真田孔明の赤裸々な過去を暴露

1 / 4 ページ

前編: 公立中学高成績獲得マニュアル。真田孔明の赤裸々な過去を暴露
後編: 高校3年間合コンとアメフトだけの日々。真田孔明の赤裸々な過去を暴露
公立中学校の場合、重要なことに委員会の選択というものがある。
委員会の最上級に位置するのは、唯一全校選挙で選ばれる生徒会長と、その下僕達、生徒会スタッフ。
彼らは生徒会というだけでも、テストの点数以上の恩恵をこれまたあずかることができる。
けれどもその責任は重大だ。
孔明は昔から、表に出て活躍したりするのが苦手なタイプで、全校生徒の前でスピーチしたりするのは勘弁だ。
かといって、委員会に何も属していないのでは、プラス得点の恩恵をあずかることはできない。という事で当時、考えに考えた結果選択したのが保険委員会なのだ。


保健室を学生の立場から運営する委員会。保険委員会は中学1年生のときから、中学3年生の時まで3年間ずっと貫き通した。
3年の時には当たり前のように、保険委員会の委員長になることが出来た。
実は、孔明が保険委員会を選んだのにはもう一つ理由がある。
単に仕事が楽だとか、表に出なくて良いとか、そんなことだけではないのだ。

学校中の問題児が集まる所が保健室

保健室は、学校中の問題児たちが集まる場所という一面を持っている。
保健室に来る生徒たちは、怪我をしたり、病気になったり、体調が悪かったり、というだけで来る生徒だけではない。
心の悩みを抱えている生徒たちも沢山来る場所なのだ。
中学校で心の悩みを抱えている生徒たち。学校の「ヤンキー」等、問題児といわれる生徒たちが集う場所でもあるのだ。
孔明は保健委員という立場を、自分の中学校での立場作りに利用してしまった。
まず、保険委員として保険の先生に気に入られることで、保健室に休み時間いることができる世界観を作ることに成功する。
休み時間の度にちゃんと保健委員として保健室に顔を出した。定期的に、継続的に。
保健室の主(ヌシ)と周囲の生徒たちから認識されるようになる。
そういうイメージがついたら後はこっちのもの、単なる保険委員なのに、保険の先生がいない時など、保健室にたむろする、彼ら彼女らは孔明に相談を持ちかけてくるようになってくる。

みんなの読んで良かった!