釣りを始めたキッカケ

次話: 釣り師はよく、大ボラをふく
自分が釣りを出会ったのは、
小3の時に
叔父が釣りにハマったのがキッカケだったように思います。
当時、叔父がハマっていたのがヘラ釣り

とはいえ野池でやっていたので五目釣りになってましたけど
最初なのでミミズを掘って
(叔父の家というか祖母の家は農家)
叔父の竿を借りてやったら、
面白いぐらいマブナ釣れました
今ではマブナなんて見なくなりました…
マブナはこんなの↓

で、早速のおねだりw
当時で3000円ぐらいの竿だった記憶があります
当時はまだコロッケが30円
ガンプラの1/144が300円だったので
ガンプラの1/60がちょうど3000円で
こんなのはお年玉を貰った時だけ買ってました
結構高い買い物だったんじゃないかな~
とういうか
誕生日やクリスマスプレゼント並の物を
おねだりしてのか!?(汗)
とはいえ
1人で池に釣りに行くことが許されるはずはなく
祖母の家に行ったときだけ
叔父に付いていくことで許されてました。
元々、ばあちゃん子だった自分は
ますます祖母の家に行きたがるようになり、
しまいには電車に乗って行ってました
(最寄り駅まで約1K)(下車してから3K強)
隣の駅とはいえよくやったものです。
今日は釣りに出会ったキッカケをお話させて頂きました。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

釣り師はよく、大ボラをふく

著者の稲倉池 釣童さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。