フツーの主婦がサラリーマンの旦那を日本に置いて、マレーシアのジョホールバルに移住して起業してしまった話

1 / 4 ページ

次話: フツーの主婦がサラリーマンの旦那を日本に置いて、マレーシアのジョホールバルに移住して起業してしまった話(高校留学時代編)
花岡めうみです。
私は、
6歳と4歳の娘のママで、
現在35歳です。
見た目はどこにでもいる
フツーの主婦ですが、
実は2012年の夏から
普通とは違うユニークな人生を歩んでいます。

▼ユニークな人生!?

サラリーマンの旦那を日本に残して
子どもの将来の為、
教育の為に、
シンガポールのすぐお隣の
マレーシアの最南端、
ジョホールバル
親子で海外留学
を実現してしまったのです。
さらに!
自分で言うのもなんですが^^;
今マスコミでも話題の
英国の超難関校『マルボロカレッジ』に
````````````````
長女が見事合格しました!
```````
2012年8月末から
通い始めました。
右も左も分からない、
1年前まではごくごく普通の主婦だった私自身も、
海外に出たことで、
人生が180度変わりました。
2人のまだ手のかかる娘たちを育てながら、
現地で会社を設立し、社長に就任!
今まで生きてきた中で
一番充実した日々を過ごしています。
ただ、私の人生は
決して順調なものとはいえないです。
2011年、年末の、
楽して稼ごうという私の甘い考えから勃発した、
精神的にも追いつめられた大事件
この時は、かなり精神的に辛く
自分を責め、精神的におかしくなりそうでした。

でも、これがターニングポイントとなり、
私は変わりました。

この事件で悔しくて二度とこんなことにならないぞと
心を入れ替え、行動を起こし、
このように人生が変わった期間はなんと
わずか6ヶ月!
具体的に
フツーの私が
どう変わったかと言うと・・・

現地で「未来移住計画社」という会社を設立し起業しました。

ママであり、「未来移住計画社」の社長でもあります。

しかしここまで来るのに
本当にめちゃくちゃ苦労をしています。
一番のありえない事件は、
先ほど少し触れましたが、
2011年の大事件です。
詳しくは後ほど書きますが、
簡単に言うと
軽い気持ちで手を出してしまったことで
色々なことに巻き込まれ、
精神的に追い詰められ、
家族を巻き込み、離婚危機も何度も訪れ、
自宅に住めなくなり、
最終的には、弁護士を雇って
解決することにまでなってしまったのです(T_T)

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の花岡 めうみさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。