「【教壇から見た世界】カンニングシークレットマニュアル。生徒がカンニングしたとき、僕はどう対処したか。3【対決編】」

1 / 2 ページ


その生徒の印象。
やや小太り。
でも髪はなかなかいかしてる。
悪い感じは無い。むしろおっとりした印象だ。
一見すると、新聞配達の好青年。そんなところだ。
僕はあえて間をためてこう尋ねる。
僕:「。。。なんで呼ばれたかわかってるよね。。」

生徒:「え、よくわかんないです。なんでですか?」

あ、そっち!?そっちいっちゃうの?
そっかー、そっちいっちゃったかー。
じゃあ、こっちもやり方変えちゃいまーす。

僕:「いや、見たんだよ。机の中に携帯が入っているのをさ。   」

生徒:「。。。え、そうですか。。。」


僕:「うん、そうですかじゃなくって、
   そのこと自体が不正行為と思われるんだよ。」

最後の論は微妙だ。明確ではない。
大人のせこいハッタリだ。

でも、あくまでクールに。
ことばからできるだけ感情を削ぎ落して。

生徒:「いや、入っていたことは悪いですけど、電源は入れてないですよ」


僕:「あのー、見たんだよ。。。電源を入れて動かしているところをさ」

これは事実だが、
戦略としてはパッとしない。
証拠不十分の自白誘導。

サスペンスだと一番面白くないパターンだ。
だが、僕はもうこれでいくことにした。
僕:「試験監督という立場の人間が証言しているから、
   そのこと自体が証拠になるのさ、不正行為のね。
   もう一度聞くけど、やったの?」
生徒:「・・・・・・」

僕はトーンを落とし、怒気を強め、口調も変える。

僕:「あのー、お前が目先の利益だけを見ているのが問題なんだろ。これはお前だけの問題じゃないんだよ。お前がその行為をすることは、周りを侮辱することにもなるんだよ。何故だかわかるか。フェアじゃないからだよ。一生懸命やっている人の労力も水の泡になるんだよ。たしかに絶対評価だ。たかが数字だ。けど、その数字に安易にいくようになってほしくないんだよ。頭悪くてもいいんだよ、バカでもいいんだよ。一生懸命にやれよ。」

ドキッとする。

実はこれは自分に言っているのではないか、

そんな疑問が出るが、
まー、とりあえず置いておこう、
まずはこっちを続けなければならない。


生徒は黙っている。

僕はスイッチが入ってしまった。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。