家電量販店での携帯販売のアルバイトってこんなものなの!?

後編: 家電量販店での携帯販売のアルバイトってこんなものなの!? 儀式編
私A-SKはいつもかっこいいを追い求めている。
かっこいいの先に待ち構えているもの、それはいつも試練だった。

アルバイト始めよーっと

そんな事を思い立ち、派遣会社へ向かう。時給はなんと!1500円!
こりゃー逃す手はない!早速面接行ったるで!

失礼しまーす!A-SKと申します...ごにょごにょごにょごにょ
...
そして...

採用!!

ふふ、楽勝〜〜

そうして、家電量販店の中の携帯ショップで働くこととなった。

初出勤日

俺は家電量販店という場所で初めて働くこととなり、門をくぐった。
まずこの家電量販店、事務室を通らないと更衣室にもトイレにも休憩室にも行けない。入る度に
入ります!
真ん中に来た瞬間
ご苦労様です!
退室の際には
失礼します!
という流れを繰り返す。

このおかげで家に帰ってくるときも

入ります!!

といってドアを開けるまでになってしまった。

肝心の仕事内容は携帯を売る、ということであり。
そこは他とあまり変わりはなかった。

しかし、ここの携帯ショップ...恐ろしい行事が待ち受けていたのだ...


次回!!この携帯ショップならではの儀式が待ち受けていた!!
私A-SK一生の不覚!とも言える過酷な儀式だった。
乞うご期待!!

続きのストーリーはこちら!

家電量販店での携帯販売のアルバイトってこんなものなの!? 儀式編

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。