家電量販店での携帯販売のアルバイトってこんなものなの!? 儀式編

前話: 家電量販店での携帯販売のアルバイトってこんなものなの!?
次話: 家電量販店での携帯販売のアルバイトってこんなものなの!? 鬼軍曹編
ふぅー今日は契約取れなかったなー...
上司
よっし!ご苦労様!今日の成果はどうだったかい?
すみません、0件です...
上司
そうかー...そうだ!面白い事言ってみて!
え?あ、はい、布団が吹っ飛んだ!
上司
よっし!倍返しだ!
え?
上司
次回は目標契約数を2倍の10件取ろう!

といって、目標件数がダブルされて行くという恐ろしい儀式が判明した。

この日以降面白い事を考えては出勤して、受けても1.5倍、受けなかったら2倍。

という鬼畜ゲームが始まった。俺はいったいどうすればいいのだろうか??

と考えながら、契約を取る事も考えながら、正直頭が真っ白になっていた。


こんなに鬼畜なの!?

と同僚に聞いてみたりしたが、帰ってくる答えはいつも同じ。

契約を取ろう!

そうして、僕のネタ仕込みと言葉巧みに契約を取る術を覚えて行った。


しかしここで問題が発生した。


そう、クレームが来てしまったのだ。


僕がクレームの対象なのではなく、強引すぎる契約の取り方と、言葉巧みなだけに実際の契約時に「さっきと違うじゃないか!!」と激怒するカスタマーが続出。


それでもめげずに対応。そして、契約を取る。


そうして、アルバイトを始めてから2週間が経ったとある日。

とんでもない人物と遭遇する。

続きのストーリーはこちら!

家電量販店での携帯販売のアルバイトってこんなものなの!? 鬼軍曹編

著者の中西 英介さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。