突如広大な砂地が見たくなり鳥取旅行をした話 出発前

次話: 突如広大な砂地が見たくなり鳥取旅行をした話 1日目(昼間)

出発の動機


タイトルにもある通り、本当に何の前触れも無く、
「ただただ視界一杯に広がる砂が見たくてたまらない!」という思いに駆られ
一人鳥取行きを固く決意する。

大学2年目。夏も終わりかけた、8月下旬のことだった。

思わぬ同行者


美術学校に通っていたこともあり、
仲間を集めて展示会を行なっていた最中、
ゼミ内の先輩であるS氏が展示会場を訪れてくれた。

一通り作品に目を通した先輩に近づき、
来てくれたお礼や、作品に対しての感想を聞きつつ
会場内のフリースペースで談笑。

その会話中、最近突如として沸き起こった
「ただただ視界一杯に広がる砂が見たくてたまらない!」
という欲求について冗談まじりに語った。

その場が和めばいいと馬鹿にされることを
予想しながらした話に、

S氏
あー、それ俺も行くわ。

と、予想だにしない一言。

自分から切り出した内容ではあったが、まさかの切り返しに、

「何を言い出すんだコイツは..」
「そもそも、会場内で少し話す程度ならわかるけど旅行となったら話は別だぞ..」

と、あからさまに困惑。

困った私は、側にいた展示会のメンバーであるYに、
「お前も、見に行くか!砂!」と、半ば強引に勧誘。

いま改めて考えても、「砂を見に行くか」なんて誘い文句。
誰が食いつくだろうか..

が、
Y
おっしゃ、行こう!砂!
コイツも大概である。

かくして、一人鳥取旅行。
改め、男3人砂丘の旅は決行されることとなったのである。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

突如広大な砂地が見たくなり鳥取旅行をした話 1日目(昼間)

著者の野田 哲広さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。