転職大魔王伝「オレ、アメリカのお寿司屋さんでアルバイト。」3

1 / 5 ページ

前編: 転職大魔王伝「オレ、アメリカのお寿司屋さんでアルバイト。」2

こんなハイペースで書くものなのかな?まぁいいっか。

というわけで最終回です。




オレ、たぶんできる。


1週間程経ち、飽きっぽいあいつらのサムハイフィーバーも落ち着きを見せはじめ、その日はひさしぶりにゆっくりとしたランチタイムで、常連客とその息子さん(推定7〜8歳)とたわいない話しをしながら握っていました。


常連客
タイチは日本人なんだから、空手できるんだろう?
オレ
もちろんできるさ。
常連客
じゃあ、ウチの息子に教えてやってくれないか?
オレ
いいよ。明日の昼休憩の時に店の前に来るといい。


驚喜し、ハイタッチする親子。

さぁ困りましたよ。

空手なんてもちろんやったことございません。

(つーか、格闘技系全般未経験)


【 懸念事項 】


 1. 空手をやったことがない。

 → どうせあいつらも知らない。オレのほうがまだ知ってるからどうにかなる。

 2. 身体が固い。

 → 寿司酢がくさるほどある。毎晩飲めばどうにかなる。

 3. 海軍学校の連中から決闘を申し込まれる恐れあり。

 → 困る。とっても困る。畳の上で死にたい。(石じゃなくて藁のほう)

当時のアメリカは「ベスト・キッド」が大ヒット中でした。

子供たちが空手ごっこしている光景を良く目にしていたし、大人に至っては東洋人が空手の構えをすると躊躇無く銃を出すっくらいのビビリっぷりでした。(いやホントに)

なので、まさか空手の国JAPANから来た「リアルベスト・キッド」のオレに向かってくるヤツなどいないだろうとは思いながらも、石畳の上を悠然と歩く全員ミルコ・クロコップみたいな連中と、冗談でも組み手なんかしたくないと思いました。

(つーか組み手がどんなのか知らんし)


どうにかしなければならない。

みんなの読んで良かった!