転職大魔王伝「オレ、アメリカのお寿司屋さんでアルバイト。」2

1 / 2 ページ

前編: 転職大魔王伝「オレ、アメリカのお寿司屋さんでアルバイト。」1
後編: 転職大魔王伝「オレ、アメリカのお寿司屋さんでアルバイト。」3

オレ、金が無い。


まさかというか当然の事態なのですが、アメリカ横断(半分)の旅を満喫していたらお金が無くなってきまして。

帰りのチケットは取ってあったのですが、その日程もまだまだ遠く先。何よりもまだ帰りたくない。

ということでおばさんに相談しよう....としたのですが、そんなこというと工面してくれそうで申し訳ないので、よく顔を出していたDCにある寿司屋の板前さん(日本人)に相談することにしました。



オレ、アメリカの寿司屋でアルバイトしたい。


実はですね。

オレ、寿司を握れるんです。

親父が板前だったこともあり、見よう見まねで形だけは握れまして。

魚の種類もネタケースの中の切り身の状態だったら判るみたいな、非常に中途半端なスキルなのですが(魚の状態だと全くわかりません)、高校時代に回転寿司屋でバイトしたこともあり、カウンターで簡単なものだったらいけたんですね。


それを武器に「アルバイトをさせてもらえないか」と頼んだのですが、さすがにそれは断られました。(法に触れますからね)

すると、たまたま店に来ていた(つーかよく会う)顔見知りの男性(東洋系アメリカ人)が、こっそり相談に乗ってくれると言い出しまして。


あいつ
DCじゃ無理だけど、田舎だったら「どうにか」なるぜ?
オレ
おぅまじか?どのくらい田舎なんだい?通えないっくらいかい?
あいつ
住み込みになるな。他の従業員も住み込んでるぜ。あの街には日本人がいないから、きっとタイチは人気者になるぜ。
オレ
おぅまじか?じゃあ一度行ってみたいな。連れて行ってくれないかい?
あいつ
オッケー!!!じゃあ明日迎えに行くよ!!!

当時、アメリカにも寿司屋はたくさんあったのですが、ほとんど中国人か韓国人がやっていて、日本人の板前がいるところは高級店って感じでした。

その頃のオレは黒髪のロン毛を後ろで結んでいたので、よく「サムハイボーイ」「サムハイボーイ」と言われてました。


「なるほど。安価でオレのような日本人の本物の板前(?)を雇えるんなら、相手にとっても悪い話しじゃなかろう。」

「でもアメリカは契約社会だ。働く期間と目標金額は最初に決めて伝えておこう。」


ということで、オレはこの件をそいつに託す事にしました。

オレ、アメリカの寿司屋でアルバイトする。


向かった街は、DCから車で3時間っくらい(記憶曖昧)にある「アナポリス」という港町でした。

美しく古い石畳の街並み、入り江の静かな海、道を行き交う海軍の学校と若い海兵たち、DCとは違う穏やかな風景を、オレは一発で気に入りました。

みんなの読んで良かった!