決して交わることがない愛の物語 「太陽のリング」

前話: 愛し愛され、騙し騙され、幾度となく失敗を繰り返した女の愛の叫びと、心の叫びです。プロローグ「秘密の手帳」

綺麗な夜空を見て・・・。

2012年5月21日。
日本中が一斉に空を見上げたあの日。
金環日食。
月曜日の朝だった。

一緒に見ようって言ってたのに。
暗い夜空を見ながら彼は言った。
いつも夜ばかりだから、今度はとっておきの太陽を一緒に見ようって。

でも、約束の連絡は来なかった。
わたしとあの人は別々の場所で空を見上げた。
神秘的でとても綺麗な太陽のリングを。
この奇跡の瞬間を一緒に感じたくて、
遠く離れてても一緒に見たくて、
わたしは電話をかけたのに、彼は出なかった。

別れたはずの妻子と一緒に見ていた。
彼の心はわたしでなく、家族に向かっていた。

そして、同じ時間。
別れた彼はわたしにメールをくれた。
「見てますか?ずっとあなたを想っています」と。
「別れてしまったけれど、この空で僕とあなたは繋がっています」と。
いつも惜しみなく愛の言葉を贈ってくれた人だった。
それなのに、わたしは家族へ心が向いている人をわざわざ選んだ。

そしてまた、その彼を想う女性がいる。
わたしと同じように、愛している人が別の人を想う苦しさを味わっている。
偶然知ってしまった。
わたしと付き合う前、彼をずっと支えていた女性がいたことを。
それなのに、彼はいずれさよならを言うことになるわたしをわざわざ選んだ。

世の中の男女がそれぞれ心の糸を手にして、愛している人に向かったら、
どれほど美しい織物ができあがるのだろう。
すべての糸が絡み合い、決して交わることのない愛情が織りなすもの。
それは、どれほど慈悲深く儚いものか・・・。

あれだけ美しかった金環日食も、夜になれば影も形もない。
心に深く残っているだけ。

いつもの空がそこにはあった・・・。
そしてまた、いつもの明日がやってくる・・・。

誰もがみな真剣に人を愛しているのに、
誰のせいでもないのに、
決して交わることがない。

なんて切ない夜。

著者の伊集院 歌子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。