海外で多くの成功者に出会い、この1年で私が感じたこと

2 / 2 ページ

しかし、
誰しも長い人生、色々紆余曲折あるのが普通だから、
いちいち言う必要はないと思っている。


努力するのが当たり前だから。
何もしないで幸せな人は私は知らない。

人生は山あり谷あり紆余曲折あっての人生だ。

だから人生楽しいのだと思う。

何が言いたいのかというと、

そんな簡単には、人生うまくいかない。


私も自分が変わりたくて、何かしたくて、
でも何からしていいのか分からなくて
というジレンマが5年以上は続いた。

その間に本当に色々あった。

離婚危機までいくような夫婦喧嘩もいっぱいしたし、
信頼していた友人に裏切られたり、
人間の汚い部分を見てしまったり。
そして、
本気で人生を変えたい、
自分が変わらなければと思ったのは

2011年末の事件。

これをきっかけに、
本気で変わらなければと心に誓ったのだ。
色々なことがあったが私にとっては、
この年末の事件でやっと目が覚め、
本気で死ぬ思いで頑張るんだとお尻に火がついた。


その事件は、本当に精神的に辛かったが、
それが変わるきっかけになったので、
今ではこれが良かったのだと思っている。

それから私は本当に変わった。

前までは、育児家事で忙しいといい訳ばかりで、
一切読書もしないし、勉強もしない。
何もしない。

そんな私が、育児家事の隙間時間に読書をしたり、
寝かしつけた後に、
色々な音声を聞いて勉強したりするようになったのだから。
こんなに一生懸命になったのは、
超氷河期の就職活動以来かも^^;
これは、夫の協力がもちろんあって出来ている。

夫には本当に感謝している。


必死にもがき苦しみ
変わりたいと思って行動したから今がある。
羨ましいと言われる事が最近多いが、
正直嬉しくない。

目に見えないところでの努力、苦労がたくさんある。


そして、
今もあえてブログなどには書かないが、
精神的に結構辛いこともある。
いちいち、そんなことを書いても
何も変わらないので書かないだけだ。


プレッシャーというのか・・・。
うまく言えないが不安がいっぱい。

一言でいうと、

これからさきのこと。



特に移住したばかりの頃は、
不安でいっぱいだった。

本当に母子だけでやっていけるかどうか。

夫がそばにいなくなった。
母子で移住して、
外国人のお手伝いさんに子供の面倒を見てもらって、
立ち上げたばかりの仕事をする・・・。
そして、
ビジネスなのだから、

きちんと利益を出していかなければならないというプレッシャー。

頼れば助けてくれる仲間はいるのかもしれないけど、
頼ることをせずやってきた。
だから精神的負担はかなり大きかった。

住居探しから、メイドさん探し、病院探し、
学校への連絡、次女のローカルスクール決め、
ビザ申請のときの書類集めなど・・・。

探せば同じような経験をした人もいるのかもしれないが、
当時、JBでは多分同じような状況の人はいなかったと思う。

でもそんなことを言っても自分で決めた人生。
もう飛び出してしまった。
前を向いて進んで行くしかない。
一生懸命やるだけだ。

本当にそう思っている。

私も以前は、「羨ましい」という言葉をよく使っていたが、
今は使わないというか使えない。

すごい努力の結果と思うと簡単に言えない。


長くなってしまったが、
ほんの一部の人だけにでも伝われば良いと思っている。
ここまでよんでくれたことに感謝です。
ありがとう!

著者の花岡 めうみさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。