転職大魔王伝「オレ、WEBデザイナーになる。」2

1 / 4 ページ

前編: 転職大魔王伝「オレ、WEBデザイナーになる。」1
遅刻せずに初出社し、みなさんの前で明るくご挨拶をし、同じチームの方々からも自己紹介をしていただき、総務の方にフロアを案内され、今日からの自分のデスクに戻ると、オレの席に何やらふしだらな雑誌が積み上げられていました。
オレ
?(◎_◎)
先輩
じゃあ早速タイチさんにお願いする仕事を説明しますねー
オレ
は、はい...(◎_◎)
先輩
お願いしたいのは、このエロ雑誌のコーポレートサイトの運営です。この雑誌は見たことある?
オレ
な、ないっす...(◎_◎)
先輩
まぁタイチさんが持ってる他のエロ雑誌と同じようなものなんだけど、ただ熟女系だからマニアックかもね〜
オレ
つーか、ホントに見ないんすよ…(◎_◎)
先輩
そーなんだー。それなら勉強のために持って帰ってもいいからね。いっぱいあるし。


(◎△◎)

そうです。
「一部アダルト寄りの仕事もあります」ではなく、

「ほぼアダルト」だったんです…

オレ、騙される。

※ここからはかわいく「そっち系」と呼びます。
仕事の内容としては、雑誌と連動した携帯サイトの管理と更新。メールマガジンの執筆や、外部サイト(ランキングサイト)のコピーライトも業務でした。
サイトの更新は毎日。届いた写真画像やムービーを、解析ツールの数値を元にサイト内に効果的に配置し、コンバージョンを上げていく。
リスティング管理は別担当が行っていたので、そこからも数字をもらって分析し、サイトを改善していくというものでした。
そっち系のを…ね。
正直、騙されたと思いました。
しかし、すぐにやめるわけにはいきませんでした。
本当はもう心底嫌で嫌で仕方なかったんですが、オレは「キャリアを積む」必要がありました。

オレ
コーポレートサイトもアダルトサイトも、バラせば同じソースコードじゃねーか♪(◎▽◎)
先輩
タイチさーん、今日の素材でーす。つ熟女ヌード

(◎△◎)
ダメでした。ホントにダメ。
仕事自体はハードでは無かったのですが、、、、

みんなの読んで良かった!