歩いて九州を一周してみよう、って普通思う?「つまずき」

前話: 歩いて九州を一周してみよう、って普通思う?「旅立ち」
次話: 歩いて九州を一周してみよう、って普通思う?「落胆」

しかし、経験不足はあっと言う間に僕を打ちのめした。まず、歩くペースを知らないのだから、どこまで進めるのか分からない。通い慣れた若杉山まで、すでに着けないのだ。時間はどんどん進み、昼を過ぎた。それでも、まだ半分の地点にも着いていなかった。


今までは自転車にも荷物を積むことが出来た。重さを分散して運ぶことが出来たのだ。しかし、歩くとなると背中ですべてを支えなければならない。まずは、そのためのザックを購入することから始まった。いろいろと相談して50Lほどのザックを手に入れた。これに何を積んでいけばいいのか。

まずは、食料だろう。ここでいきなりつまずいた。何を持っていけばいいのかわからないのだ。何が必要で、何を途中で購入することが出来るのか、自分は何を作ることが出来るのか、それが分からない。お金は余り無いから、自炊をしたかった。


そもそもこれが間違いの始まりなのだが。

次に着替え。衣食住の最初に来る奴だ。幸い暖かい時期なのでTシャツを多めに持っていくことにする。それに薄手のラガーシャツを一枚。あとは雨具でなんとかなるのではないかな?

そして住だ。手持ちのテントは重いのしかないが、これを持っていくしかないだろう。3kgはある奴なのだが。

それぞれ準備して詰め込んでみる。ザックが見る見る膨らんでいく。うーん。17kgにもなってしまった。僕の体力ではもっと軽くしたい所だ。もう一度、全部だして削れるものを探してみる。重さの大きな原因はお米とテント、そして水だ。とりあえず水をからにしてみる。お米は難しいなあ。でも、減らしてみる。

これでやっと14kg、まだ減らしたい所だ。しかし、その方法を思い付かなかった。後は諦めるか、それでも行くかなのである。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

歩いて九州を一周してみよう、って普通思う?「落胆」

著者の館 正訓さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。