もう1度、人を好きになれる日がやってくる。

もう1度、人を好きになれる日がやってくる。


 これは、時間が解決することなのです。

私が、もう1度、誰かを好きになること。

もしかしたら、もう1度があるかもしれないし、もう1度もないかもしれません。



 

 20代。ずっと好きだった人に、別れを告げられました。

理由は「重い」でした。私は、恋愛をすると、面倒見が良すぎて、お母さんのようになってしまうのです。それが、私のいいところで、そのお陰で、友達が多いのですが、恋愛にはあまりプラスにはならないようです。


 電話やメールも、頻繁にします。心配なのです。連絡がつかないと。いろいろと考えすぎてしまって、相手がどこかへ行ってしまうような、不安な気持ち。ゆらゆらと、私は不安で、いっぱいになるタイプです。

恋愛に関しては、自分のマイナス面にしか考えられなくなっています。それは、今まで、誰かに好きになってもらえたことがないから。私が悪いから、誰も好きになれないのかもしれない。誰も好きになってはくれないのかなと。

結婚を視野に入れて、恋愛を考える年齢なので、余計に慎重になっています。

でも、積極的に、いわゆる婚活などはしていません。就職難の時代に就職活動で、かなりふるいに掛けられた世代なので、今更、また、ふるいにかけられたくないという気がします。

こういった話だけでも、自分で読み返してみて、恋愛は、まだまだ先なのかと思います。ポジティブな面が見えてこないから。自分が好きになった人が、私と同じように、好きになってくれる魔法でもあれば別だと思います。

だから、もう1度、誰かを好きになれた日が来たら、心の中で言おうときめています。

ありがとう。君を好きになりました、と。


追記。

 あまりの忙しさに、忘れていましたが、今年、人を好きになれました。

ある人を好きになり、別れがきて、別れのはずみで、一目ぼれをしました。

結果は、恋愛からは離れて、今は、よき友達になっています。今までは、けんか別ればかりして、友達になるなんてできませんでした。成長しました。


 激動の1年でした。


dotstar 大野清香

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の大野 清香さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。