不動産投資をやると決めた(5)とにかくやってみて分かったこと

1 / 7 ページ

前編: 「会ったら人生が変わる」パワーをもったひとたち

会社を興してからやったこと

ロバート・キヨサキの本に感化されたといえど
日本で不動産投資なんて全く持って 
そのシステム自体が理解出来なかった私が
(大体この狭い国で???)
どうせ学ぶならゼロから、と始めた
米国不動産投資でした。



本質は難しくて面白かったけれど
結構早い時点で「私の興味範囲じゃない」と
気付きました。

それでもある程度進んで行くまで
きちんとやろうと思ったので
一年半程 区切りがつくまでは頑張りました。

不動産投資をきちんとやりはじめたら分かりますが
もの凄く理論的だし
社会の動きを良く見て 
予測する(+人間の心理を知る)という仕事です。
だからもっといえば
「深いこと」を知らずとも
野生の感とか世間の不動産動向くらいで
短期の勝ちを得ることは可能です。

そして お金を儲けるのが目的なら
ある時は「濡れ手に粟」的な状況も経験出来るでしょう
それは人によってはモチベーションにもなるかもしれない


でもお金を儲けると言うことは
どこかでその分を払っている人がいるのです。
その人を最高に幸せにしているならまだしも
その時の私では「最高に」という言葉は作り出せなかった

たくさんの疑問が生まれました。

家のオーナーと話をするとき
私は完全に「上から目線」なひとで
彼らの役に立てることを探し出す立場になんて
とてもなれなかった

みんなの読んで良かった!