思春期にモテたくてダイエットに挑戦したら、贅肉が落ちて自信がついた話(2)

1 / 4 ページ

前編: 思春期にモテたくてダイエットに挑戦したら、贅肉が落ちて自信がついた話

仕方なくはじめたアルバイト

進学した高校に"野球部"がないことを入学してから知り、入学3日目にして"高校デビュー"という人生大逆転を目論んだ大きな夢は打ち砕かれてしまいました。


そうなると、化けの皮ははがれていく一方。

しっかりと"陰キャラ"と呼ばれるおなじみのポジションにまで逆戻り。


部活に賭けていた高校生活が幻となってしまい、これからの高校生活をどう過ごすべきか迷っている時に思いついたのがアルバイトでした。

中学校の時にはじまった"お小遣い制度"。

小学校の時は毎日100円をもらって駄菓子屋に行ってました。

中学校になると1500円を月初めにまとめて貰うように。

高校になり、友達付き合いも増え、行動範囲も広がるし遊び方が変わるので、お小遣いアップを期待してたのですが、"月3000円"と宣告されました。

額で言えば小学校の時となにも変わらなく不満を抱いていましたが、"自分のお金は自分で稼ぐ"という思想の両親だったのと、経済的にもそれほど余裕のある家庭だったのでなかったので、それ以上のお小遣いアップ諦めました。

なので、自ら働こう僕の青春時代はバイトに明け暮れよう

そして、多大なる富を掴むのだ


と、ハンドルを目一杯切り、人生をシフトチェンジをしました。


学校では相変わらず友達もできず、毎日学校が終わると誰よりも先に下校し、バイトに行ってました。

週8で働いてました。日曜日は朝と夜の2回入ったりしてました。

おかげさまで高校1年の夏には現金一括で原付を買ったり、テレビ、ソファー、ゲーム、パソコンと欲しいものは全て購入する"ハイスクール成金"になっていました。






学校が苦手な理由

アルバイトをはじめて、僕は同い年が苦手だと気づきました。

アルバイトでは先輩しかいなくてかわいがってもらえるから自分の立ち位置がわかりやすかったので自分のキャラが確立できていました。

学校だと学年やクラスの人気者にどこか劣等感を抱く自分がいたし、同い年やのに偉そうに話されたり、上から物を言われる感じが嫌でした。

いや、劣等感が強過ぎて自分の考え方がひねくれてたのだけかもしれません。

自分が生み出した人気者や頭の良い人、スポーツができる人、おもしろい人との優劣を感じるのが原因で同い年が苦手でした。


そして、あと1つの大きな原因が、



みんなの読んで良かった!