人生最大の失恋3 長いぞ。

2 / 2 ページ

前話: 人生最大の失恋2

その度、ふざけんなよwwwwなんでケツ集中攻撃なんだよwと笑っていた。
みんな私のケツがよっぽど好きだったんだろう。

でも涙は数時間置きに込み上げて、また泣きだす。

あんまりしつこく泣いてるもんで、ゴミ箱に入れられ蓋を〆られ
そこで泣いてろこのスカポンタン!と怒られた。

ナナオ19歳

ハイドと別れた後何人かとSEXしたりした。
したら好きになれるのかと思った。なれやしない。

名前も顔も思い出せない。

一人はちゃんと付き合った。別れて親友になった。まだ親友である。

親友になる彼が現れるまで2年間の暗黒史を刻む。


防御線を張らない一方的恋に破れた。

9999のダメージを受け、HPは0になる。

危うく自殺でもしようかと思った。

ミサコ
おい!お前マジやべーよ!!どうしちゃったんだよ!
ナナオ
ナナオもう死にたいよ~。死にたい。え~んえ~~ん。
ミサコ
お前なんでそんなに泣いてんだよ!お前の泣いてるとこなんか見たことねえよ!オレが一緒に住んでやっからよ!な?死ぬなよ!!!!
ナナオ
ひーーほひーーーほ。ズベベベベ。みさ~~~こ~~~~

仕事は続けなきゃ、頑張らなきゃ彼にもう一度会えない気がした。

が7kgダウンの私は体力が無く、ぶっ倒れる。

気が付いたら地下鉄の救護室で寝てた。

病院に行った。ストレスだと言われた。
子宮がぶっ壊れた。生理が半年止まる。
半年後恐ろしい量の出血をした。止めどない出血に恐怖を覚えた。
今も無理をすると同じ症状が出る。なので体調管理は大事だ。

仕事を辞めた。
何にも無い自分に気が付く。
自分が無い。


別れて2年後、ハイドの店に会いに行った。

彼は笑顔で出てきた。

ハイド
ナナオ、幾つになった?
ナナオ
21歳だよ。もうすぐ22だよ。
ハイド
あはは。わっけ~な。オレなんかもう30だよ。おっさんだよ。頑張れよ。負けるなよ。
ナナオ
うん。
数年後、
一度ハイドを見かけた。
相変わらず赤いカリブに乗ってた。
助手席には地味な女が座ってた。


あの綺麗な字の女の人かな。 と思った。

なので地味な女は大っ嫌いです。

オシマイ☆











著者の平川 菜々緒さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。