兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第2話】

前話: 兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第1話】
次話: 兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第3話】

中学生になり


小学生の頃たった一度だけ(5才離れた)兄の
バスケットボールの試合を見に行きました。


ただただ、かっこよかった


兄と同じ中学校を選び、兄と同じ部活に入ることしか考えていませんでした。


のちのち知ったんです。




超厳しいコーチがいるなんて・・・・



いやー泣きましたし痩せましたし。


なにより苦しかった



それと同時に兄貴を尊敬しましたね。


こんなに厳しい練習のあとに俺をからかうことができる体力に(笑)






いまだにはっきりと覚えているのは


夏の合宿が苦しすぎて逃げてきたことですね。


そんな逃げてきた俺に胸を貸してくれたのは兄貴でした。


大きいんですもん兄貴の身体。


お疲れさまって言われたら涙が止まらなくなりますよ。


いつもいじめるくせにこういう時はしっかり兄貴なんだから


本当にたまらない。。



兄貴はチームでキャプテンでスタメンでした。


私は副キャプテンでベンチでした。


同じ学校、同じ部活で明らかな”


これは後々の私の人生に大きくかかわってくることになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

母の言葉を入れたかったんですが
中学校の時はあまりこれといった記憶がないので
次回作に入れようと思います!

続きのストーリーはこちら!

兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第3話】

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。