高校2年生で突然難病にかかり、脾臓を摘出するまでの話②

前話: 高校2年生で突然難病にかかり、脾臓を摘出するまでの話①
退院した後は、プレドニンという薬を飲み通院しました。

数ヶ月たっても血小板も中々増えず
再び入院し脾臓を摘出することになりました。

全身麻酔をかけ
腹腔鏡手術。
【お腹の中に小さな内視鏡を皮膚から入れて
モニターを見て観察しながら行う手術らしです】
お陰で傷が小さくて済みました♪

全身麻酔で眠っているため、手術中の記憶は全くありませんが
手術後、麻酔から覚める前に
「手が冷たいね…」
と言う母と姉の声が聞こえました。

麻酔が聞いていて、体も動かせないし
目も開けられなかったのに…。

脾臓摘出後は、血小板もどんどん増えていき
ました。



サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の藤野 奈穂子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。