第9話*・●・人生の9割は『捨てる』ことで決定変化する

1 / 2 ページ

前編: 第8話*・●・人生の9割は『捨てる』ことで決定変化する

断捨離◆ 考え方 捨てることが目的ではなく手段  ほとんど心の問題


何事も無い「退屈」人生を
      変えるのは大変なこと


金城武と深田恭子の

「神様もう少しだけ」を

なぜか、急に観たくなり
アィフォンで
少しつづ観ています。

ウィキペキで
深田恭子 演ずる 女子高生を

「何事も無く退屈な人生(毎日)」を送る

いわゆる可もなく不可もなくという

「平凡な人生(毎日)」ということですが・・・

ドラマは女子高生の唯一の楽しみ
音楽プロデューサー 
イシカワケイゴのおっかけ

そこを起点に物語が始まり

その後

援助交際(エンコウ)
エイズ感染
音楽プロデュサーと女子高生の恋愛

とこの「テーマ」だけ見ると

すすすごぉ・・・い内容を想像できるし

私が金城武を「いい」と思ったのも
このドラマが起点でした。

このドラマは1997年に放映されましたが

私が最初に観たのは
確かその時はではなく
再放送で・・・

それこそ、子育てオンリーで
「退屈」で一抹の虚しさの中

「このドラマ」は
「金城武」のカッコよさ
 深田恭子のかわいさ
その2人の恋愛ストーリーに
わくわく、ドギトキ、ハラハラと
刺激をもらいました。


そう つまり
恋愛ストーリーと金城武のカッコよさ
それがその時の「刺激」でした。

それからどのくらい、10年以上は
経過していると思うけど

数日前に
(きっかけは世界の美しい顔100人に金城武
が入っていたことでしょう)

急に「神様・・・」を観たくなり
スマホで観始めました。

しかし、相変わらず
金城武のカッコよさは
「いいなぁ」とは思いますが

恋愛ストーリーはどうでもよく

むしろ
「退屈」な人生と「リスク」を追う人生に
ついての対比と

もう一つ
「人は活かされている」
「誰かのために生きる」

というような金城武と深田恭子のセリフに
ピッくビッくっとする

人生を目的なく「ただ生きていた」だけの
音楽プロテューサーが

エイズに感染して
ホンキで「生きたい」という女子高生の
姿勢と心の叫びに刺さり


「誰かの役に立ちたい」

とか

音楽プロテューサーだからできること
「音楽が人に与える夢や希望」に
気づき


「人間愛」そして
人として生まれて
生きる目的の部分


「使命感」「役割」という
一番言いたい「テーマ」を

「退屈」な人生から一変させた

すばらしい考えさせられる
クオリティー高いドラマって
思ったと同時に


私自身にも
今そういうことを考えるタイイミングに
きていて、必要だから
引き寄せたのだと
思いました。

なぜなら10年前は同じドラマを観ても
全く、そういうことに気づきもぜす
考えもしなかったから・・・

そして 
数日前に
図書館に勉強市に行き
たまたま帰り際に
返却本の中で目にした本が

かなり前に書かれた古いやや汚い本で
外国の翻訳本で
私が好きなタイプとは
違う本だったけど

なぜか直感で
「この本は何かある」と

深く考えずに借りて
昨日から読み始めました。

みんなの読んで良かった!