デザイナー修行物語その1:「デザイナーです」って言うと「カッコイイ!」って言われるんですが、実は徹夜当たり前の体育会系の職業でした。(大学時代〜就職)

1 / 3 ページ

前編: 高校時代、デザイナーになる人生を選ぶことになった母の一言
後編: デザイナー修行物語その2:社長に「豚」と呼ばれても、右腕としてやり通した後で得たものは、かけがえのないものでした。(再就職〜独立)

今でこそ、「ブラック企業」なんていう言葉が有名になり、
「ワークライフバランス」なんていうものが、
声高に叫ばれるような時代になりました。

私がデザイナーとして修行してきたのは、そのひとつ前の時代。

90年代終わりから、2000年代始めの「叩き上げ」「体育会系」「仕事は教えられるものじゃなく盗むもの」なんていうのが全盛だった時代です。

働くものの権利?
・・・えっ、それなんですか?

会社が法律の関係で17時には消灯?
・・・えっ、会社って24時間やってますよね?

ボスが仕事中にパソコンの前で酒?
・・・え、毎日のことですよね?昼からですね!

仕事終わらないから会社に泊まる?
・・・あ、すでに3日目です。女子ですが頭はトイレの洗面所で洗います。会議室でダンボールにくるまって寝ます、結構あったかいんですよ。あ、発泡スチロールのがあったかいかな?

・・・そんな時代です。

90年代ってどんな年?

90年代の終わりに、東京の美大を卒業しました。

音楽が大好きだった私は、CDのジャケットデザイナーになりたいと思っていました。その頃はまだiTunesとか音楽配信とかが存在せず、音楽といえばCDという、CD全盛期でした。まだMDの人もいたかもしれません。

大学2年くらいでようやく「インターネット」という言葉がチラホラ聞かれるようになり、とはいえ一家に一台パソコンがあるという時代が来るのは、それから数年後になります。まだMacが一台50万くらいしていました。ネットはもちろんダイヤルアップです。

大学在学中に、飯田橋にあるデザイン事務所で週一回バイトをしていました。

進研ゼミの紙面を作っていたのですが、事務所にパソコンは一台しかなく、まだ「パソコンを使ってデザインをする」という時代ではありませんでした。「写植」という方法で文字を切り貼りして紙面を作るのが「デザイナー」でした。

私はこれからはパソコンの時代だと思い、大学でもパソコンの授業を取り、親に土下座して買って貰ったMacで、家でイラレやフォトショップを独学で勉強していました(まだ授業でAdobeソフトを習うということはありませんでした)。

時代は、ここから急激に"パソコン、ネット"という波に飲み込まれていきます。今10代、20代の方は、物心ついた頃にはもうネットがあり、スマホがあり、というかんじだと思いますが、私はネットというものが発生し始めて、急激に10年で世界が変わってしまうのを目の当たりにしました。

子供の頃は、調べ物をするなら図書館に行っていました。
高校時代、ハリウッド俳優のインタビューは雑誌で読んでいました。

10年で世界はこんなに近くなるのか、技術というものはこんなに進歩するのかという、驚きの連続でした。だって海外の人と家で話せるなんて!

時代が変わるときというのは面白いものです。例えば、昔の人は「電話」という技術で、遠くに住んでいる人と話が出来るようになるなんて、思ってもみなかったでしょう。鉄の塊が空を飛ぶ日が来るとは、夢にも思わず生きていたと思います。

私がネットが出現したときに感じた気持ちは、まさにそんなかんじでした。
技術がどんどん進歩していく過程で、次々に新しい発想が生まれ、新しい仕事が生まれ、まるで激流のようでした。そんな時代を体験出来て、面白かったです。

その怒涛の10年の始まりの頃、私は大学を卒業し、就職したのです。

広告ゼミ

音楽のCDを作りたい、という気持ちでいましたが、
私が卒業したのは「広告ゼミ」でした。宣伝広告の課です。

とはいえ、ゼミの先生はの〜んびりしたかんじの方で、宣伝広告を習った記憶はまったくありません。いつもの先生の課題は、毎週これ。


ゼミの先生
じゃ、来週好きなもの作って来てね〜なんでもいいよ〜


・・・でした。

課題がシュール過ぎ
て、先生が面倒くさいから適当に言ってるだけなのか、それとも生徒自身に考えさせるという意味で最高にいい課題なのか、さっぱりわかりませんでした。

とにかく、私は広告ゼミに所属しながら、広告には正直興味がありませんでした。
興味がなくなるきっかけとなったのが、
ベネトンの広告を手がけていたオリビエーロ・トスカーニの書いた本です。


なんか読後、膝から崩れ落ちる感がありまして・・・

「広告」というのが、どういうものか自分の中で明らかになるにつれ、自分には出来ない、と思ってしまいました。誤解を恐れずに言えば、他人を騙し、欺き、コントロールしてものを買わせるということを職業にする、ということが私にはどうしても楽しいこととは思えなかったのです(広告マンの皆さん、すみません。個人的な意見です)。

それより、自分の大好きなカルチャー、音楽や雑誌や本のデザインをしたい、と思っていました。

なので、普通はゼミと関係するところを目指すのでしょうけど、私は全く別分野へ就職活動することにしました。

(余談ですが、この広告ゼミからは優秀な人材が出ていて、最近解散を発表した某ラップグループSOのボーカルDさんとか、某服飾デザイナーとか、K社でゲームのキャラデザインしてるデザイナーなどが輩出されています。あ、誰も"広告"デザインの道に進んでないですね。笑)

就職活動

とはいえ、一応広告会社は滑り止め(すみません)で受けていて、


割りと大手の2社で最終面接まで進んでいました。

もし音楽系に行けなくて広告系に行くならここがいい、と思っていた2社ではありました。理由は作ってる作品がロックで、試験が面白かったからです。
(ちなみに試験は「赤いものを思いつく限り"鉛筆で"描きなさい」とか、複雑立体物が触れないように透明の立方体の中に入っていて、それと「同じものを作りなさい」と紙が一枚ぺらっと置いてあるとか、そういうかんじです。面白いでしょう?)

しかし、私が行きたいところは他にありました。D社です。

D社からは、勇んで出した履歴書にこんな返事が来ました。

みんなの読んで良かった!