自宅浪人のすすめ。

1 / 2 ページ

1月18日、19日は、センター試験だった。
推薦やAO入試で、もうとっくに受験は終わったという高3生はともかく、国公立大学を志望している受験生の多くにとって、この土日は大きな山場だったはずだ。
土日にセンター試験を受験した受験生の多くは、月曜日に自己採点し、今はその点数を元に、どの大学を志望するかうんうん悩んでいるところだと思う。
中には残念ながら取りたかった点数に届かず、受験校のランクを下げる人、または浪人の可能性を考える人も出てくるだろう。

ちなみに私は、現役の時は1つしか大学を受けず、そこに落ちたため浪人した。
その経験は決して無駄ではなかったと思う。でも、ひとつこれだけは声を大にしていいたい。
国立二次受験が終わる前に浪人を決めるな。

まずは、一通り、現役での受験を経験することは大事だと思う。
だって、来年、まったく同じ手順踏むでしょ?
同じことするんでしょ?
だったら今年まず一回経験しておいたほうが良くない?

「この点数じゃあ、ここは受かんないよなぁ……」ではなく、
「来年はこんな大学屁でもないくらいの点数取ってやるんだ…!(あわよくば今年受かりてぇよ)」ってくらいの気持ちで、とりあえず国立二次を受けよう。

それでも不合格、追加募集にも引っかからなかった場合、残る道は「浪人」。
多くの人が予備校に通うという選択をすると思いますが、ここでひとつ、「自宅浪人」を提案したい。
ちなみに、筆者は自宅浪人をした。
……と言うと、いろんな人に「え……!?」と驚愕されるが、たぶんほかの人が思うよりずっとハードルが低いと思うのだ。
そんな自宅浪人のメリットを挙げてみたいと思う。

とっても経済的。


まず、金が掛からない。
ただでさえ迷惑をかけてしまう親御さんへの負担をかなり減らせる。
・某K塾に入った場合。
入塾金 100,000円
授業料 650,000円(年間一括で)
(いろんなコースがあるけど、とりあえず国立文系コースでこのお値段。私大とか医学部コースはもっと高い。)
軽く大学1年分は吹っ飛ぶ。地方に住んでて、首都圏の予備校の寮に入ろうもんなら、この2倍は間違いなく飛ぶ。

・自宅の場合。
書籍代 20,000円(必要に応じて。)
模試の受験料 5,000円前後/回(これも自分が受ける分だけ。)

仮に、模試20回受けたとしても(そんなにないけど)単純計算して120,000円。
かなりリーズナブルだと思う。

すべてが自分で決められる。


スケジュール、方針、使う教材……その他もろもろ、すべてが自分次第で決められる。

みんなの読んで良かった!