アブノーマルなジャパニーズたち

1 / 2 ページ

「日本人とはできるだけ絡みたくない。」
よく聞きます、この言葉!
しかも日本人から!!
こちらに来てからもそうですが、
日本にいるときによく聞きました。
どうやら日本人はアメリカにいくと
日本人をさける傾向にあるようです。
もちろん全員がそうではないですけどね。
おそらく一番の理由は目的達成のため。つまり語学習得。
せっかくアメリカに来たんだから、
英語を学びたい、だから日本人とからみたくない、となるそうです。
実際にルームシェアを探すときでも「外国人とシェアしたい。」と
日本人を避ける人がなんと多いことか。
でも、
その気持ちすげぇわかる!
日本人とつるむということは
どこかで自分に甘えて気がするんですよね。
そもそも渡米した目的を見失っては本末転倒ですから。
僕もそういう思いもありーの、
ですが、
別の思いもありーの、です。
「絶対おもろい日本人がいる」
むしろこっちの思いが勝ってますね。
NYに来ている日本人って、
すでにベタな人生から少し外れていると思うんです。
特に自分の意志で来た人なんて絶対変わってるって思うんですよね。
今週はたまたま日本人と会う機会が
けっこうありました。おもしろかったー。
【今週会ったジャパニーズ】
Tさん(男)
東京工業大学数学科 主席卒業 → NY大学院三年(もうすぐ博士号取得) → ドイツで研究職につく予定
Yくん(男)
日本の高校卒業 → 台湾の大学 → NYの建築専門の大学 → NYのベンチャー建築会社に就職
Mさん(女)
30半ば過ぎ(女性)で語学留学 → イリノイ州の大学 → NYのIT会社に就職
Mさん(女)
NY歴40年の大学教授
Oさん(男)
NYで創業37年の企業を経営する不動産会社の経営者
Yさん(男)
NYでおもしろライブを開いている芸人
Nくん(男)
NYの学生団体を取り仕切っている20代後半の大学生

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。