日本の品格

1 / 3 ページ

今週は濃かった。
どんどん裸になれた。
短所もたくさん見つけられた。
おかげで自分が望む生き方、目指したい人物像も見えてきた。
社会人になって初めての感覚。ガンダムからアムロになった感覚。
あとはモビルスーツのみ。
来月いっぱいまで、めいいっぱい向き合って
大きな一歩をどこに踏み出すか、決めよう。
モビルスーツも脱いでしまおう。
社会人3年目の最終月、、何かが起こる。
今日は大好きなエピソードを共有させてください。
「中国観衆のブーイングは日本の横断幕に負けた」
サッカーの女子日本代表、
通称「なでしこジャパン」の素敵なエピソードです。
それは2007年9月、中国でおきました。
前提としてお話しますと、
中国でサッカーの試合をするとエラいことになります。
日本の試合はもちろん、日本選手がボールを持っている時は、
常にブーイングがおきます。
たとえば、2002年に中国で行われたアジアカップ。
サッカー男子日本代表は最初の試合から
最後の試合まで常にブーイングを浴びていました。
対中国戦、以外の試合もすべてです。
もう見ているこっちが中国人を嫌いになってしまいそうなほど、
それをもう悲惨な光景。試合をみながらいらいら、
していた自分を覚えています。
結果的に、その大会は日本が決勝で中国を破り見事優勝。
胸が「スカッ!」としました。
もちろん、なでしこジャパンも例外ではありませんでした。
女子サッカーワールドカップの一次リーグで日本はドイツと対戦。
結果、敗れてしまった日本代表の「なでしこジャパン」は
試合中ずっと中国の観客にブーイングを浴びていました。
つらかったでしょう。むかついたでしょう。
対戦国のドイツサポーターからならわかります。
なぜ関係のない中国の人からブーイングを
されなければならないのか。そして試合も負けてしまいました。
そんな彼女たちは試合直後、
マスコミをも騒がす、ある行動に出ます。
どんなことをしでかしたのか?

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。